ブルームーンとは?奇跡的な2018年の日程と方角をチェック!

天体観測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ここ数年で、天体ブーム?と言うのでしょうか、天体現象に対する関心が高まっているように感じます。

2014年は3回ものスーパームーンがありましたね。

そして、スーパームーンと同じ満月関連の天体ショーというと、ブルームーンがあります。

このブルームーン、3年に1度しか見られないという現象で、天体ショーの中でもなかなかのレア度です。

しかも、2018年のブルームーンは、かなり珍しいとの情報もあります。

そこで当記事では、2018年のブルームーンの見られる日程、時間などについて、詳しくまとめてみました!

[adsense]

3年に1度しか見られないブルームーンとは?

天体ショーの1つに、

ブルームーン

という現象があります。

ブルームーンとは、もともとは

二分二至で区切られた3ヶ月間に満月が4回起こるとき、その3回目

を指すものだったようですが、今では

ひと月のうちに満月が2回現れる現象のこと

に定義が変わっています。

ここで疑問なのが、一体なぜ、ブルームーンという呼び名になったのか?

ということですよね。

ブルームーンという呼び名の由来については、一説では、

ダブルムーンの誤訳

によるものという話があるそうですが、正確な出所に関しては不明です。

また、ブルームーンというのですから、『月が青く見えるのだろう?』と思う人も多いのですが、

実際に月が青く見えることはほぼない

という名前負けした悲しい現実が待っています。

しかし、ごく稀に

大気中の塵や火山の噴火による大気への影響で、本当に青く見えることがある

そうですよ。

実際、1883年に起きたインドネシアのクラカタウ火山噴火の際は、2年間に渡って日没の色が緑に、そして月が青色に見えたといわれています。

1 2 3
ページトップへ