安保法案を勘違いする3点の内容を解説!若者の徴兵制はある?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安倍晋三


先日16日、衆議院本会議にて『安全保障関連法案(安保法案)』が可決されました。

特別委員会で、辻元清美議員が泣きながら抗議したり、国会前や各地でデモ活動が相次いだりするなど、今なお、大きな話題となっていますよね。

一方で、これまであまり法律に興味が無かった人からすると、今回の安保法案がどういった内容なのかわからず、漠然と

「日本が戦争するようになる法律?」

なんて、誤解している人が多いかもしれません。

実際、17歳~19歳の若者に対して、先週おこなわれた安保法案に関するアンケートでは、そういった『認識のズレ』や『理解の浅さ』が浮き彫りになりました。

そこで今回は、この若者への安保法案に関するアンケートの設問を元に、

・安保法案では何が問題点とされているのか?

・賛成派や反対派は、それぞれどのような主張をしているのか?

ということを、わかりやすく解説したいと思います!

[adsense]

安保法案について、若い人が誤解している?

勘違いしている男性

いま、全国で大きな物議を醸している安保法案、みなさんも

「政治の世界で、なにか大きな動きが起きている」

という程度の認識は、少なからずあるかと思います。

一方で、安保法案に関して、内容を正確に理解している人は意外に少ないようで、大きく取沙汰されている報道だけで、安保法案を勘違いしている人が多いのも現状です。

とくに危惧されているのが、あまり政治に興味を持たない、とよく言われる、若い人たちが安保法案を正しく理解しているか、という点ですね。

次の参議院選から、選挙権を持つ年齢が『18歳以上』に引き上げられることもあり、若い人であっても、こういった政治・社会問題に気を配る必要があるからです。

現在は、『SEALDs』などの学生団体の活動も盛んにおこなわれていますが、一般的な若者の間では、安保法案はどのように理解されているのでしょうか?

1 2 3 4
ページトップへ