おのののかが逃走中(テレビ)で起こした炎上の原因は岡村隆史?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おのののか

その事をネットでモラル違反として叩かれ、炎上騒ぎとなったのでしょうね。

追記情報

ちなみに、この炎上騒動は、あくまでTwitterによるものです。

おのののかさんのブログを通じては、とくに炎上に関して目立った動きは見られていないそうです。

ただ、その後『水曜日のダウンタウン』の中で、

『美女と野獣カップルはいるが、野獣女子とイケメンカップルはいるか?』

という検証を行った際に、野獣女子とイケメンカップルはあまり見つからなかった、という検証結果に対して、おのののかさんが、

『(男は野獣女性を)外に連れ出していないのかも…私の友達も顔のレベルは高くないんですけど、家でのデートが多い』

と友人を侮辱しているとも受け止められるコメントを発してしまったそうです。

もちろん、おのののかさんに悪気はなかったのだと思いますが、これにはとくに同性から大反感を受け、またしてもTwitterが大炎上。

そして、この発言も合わせて、

おのののかさんはイメージが悪くなったらしく、現在芸能界を干されているのでは?

という噂もあるようです。

もちろん、一部の噂でおのののかさん自身、芸能界を干されていることはありません。

ただし、おのののかさんがブレイクしていた頃と比較すると、テレビなどでの露出が若干少なくなっているような気もしますね。

筆者が見ているところでは、『冬スポ!! WINTER SPORTS FESTA』のテレビCMと、テレビドラマ『そして誰もいなくなった(藤原竜也さん主演・日テレ系)』におのののかさんが出演していたくらい。

まぁ筆者が見ていなかっただけで、バラエティ番組などには、相変わらずおのののかさんがゲスト出演されているみたいです。

なので、現在も仕事上は問題ないと思います。

ただ芸能界は、何気ないちょっとした発言が不適切発言として捉えられる傾向があります。

それで変なイメージばかりが植え付けられてしまって、その結果、芸能界を干されるなんてこともあります。

おのののかさんには自身のためにも、くれぐれも発言には気をつけてもらいたいものです。

 

おのののかに対する岡村隆史のコメントは?

おのののかと岡村隆史

今回、炎上してしまい批判の対象となっているおのののかさん。

テレビ番組『逃走中』で、おのののかさんを守った岡村隆史さんは、この炎上騒ぎを耳にして、

「誰かが嫌な役を買ってでていかないと成立しない番組で、ルール上問題もなく、頭のいい逃げ切り方」

と、後日放送のオールナイトニッポンで、おのののかさんを擁護しています。

そして、

「みなさん一生懸命(番組を)見てくれてるってことやと思う」

とコメント。

おのののかさんに、炎上騒ぎが起こっているのは、しかたのないことと考えているようです。

さらに続けて、

「おのさんには悪いけど、好感度が上がりました」

と、ご満悦。

確かに、おのののかさんは、ナイナイ・岡村隆史さんや、よゐこ・濱口優さんが、

『網鉄砲』という飛び道具を持っていることを理由に近づき、うまく守ってもらいながら最後まで逃げ切ったわけです

ですから、ルール的に問題なくても、一部始終を観ていた視聴者は、おのののかさんの行為を許せなかったのかも。

とはいえ、『逃走中』のルール上、誰かが犠牲にならない限り、誰一人生き残れません。

 

たとえばこれが、

ハンターを撃退できる(攻撃可能)というルールがあったり、昔は認められていた木に登るという行為をOKしてくれるのであれば、個人的に能力があれば、うまく逃げ切れるのかもしれません。

しかし、『逃走中』には、そんなルールはありません。

ハンターも1人ではなく、複数人登場します。

何人かのハンターが結託して逃走者を捕まえようとするわけです。

なので逃走者としても、結託して誰かが犠牲となり、一人でも逃げ切らないと、結局ゲームオーバーとなり、番組として成立しません。

まぁ複数人のハンターで、一人の逃走者を追いかけることを禁止にするというのなら、誰かを盾にして逃げることをモラル違反というのも理解できます。

今回のように、複数で一人の逃走者を追いかけるハンターは批判されず、犠牲になってもらいながら逃げ切ったおのののかさんを批判するのは、筋違いという気もしなくはありません。

見方によっては集団で弱い者いじめしている光景を観ているようにも映ります。

おのののかさんよりもハンターの方が、圧倒的に卑怯極まりないです。

ただ、それが『逃走中』の醍醐味です。

濱口優さんを盾にしたケースはともかく、岡村隆史さんに対するケースでは、単純に盾になってもらっただけ。

おのののかさんが、女の色香を武器にしたと見ることもできますが、岡村隆史さん自身が好感度を上げたい、という打算的なところもあったので、そこまで批判されることではないと思いますよ。

 

おのののかさんが、うまく逃げ切り賞金156万円を手にし、岡村隆史さんは犠牲になったことで好感度が上がったわけです。

これで『Win-Winの関係』が成り立ちます。

1 2 3 4
ページトップへ