大久保佳代子の27時間テレビのマラソンやらせ疑惑と批判炎上の真相

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大久保佳代子


お笑い芸人の大久保佳代子さんによる2015年の『27時間テレビ』マラソン挑戦。

無事に完走したのですが、なんとこの時、

『大久保佳代子はワープした』

という情報が流れたり、番組終盤の一幕で批判されてしまっていたというのです。

一体なぜ、大久保佳代子さんがショートカットをしたという噂が広がってしまったのか?

さらに、なぜ大久保佳代子さんは批判されているのか?

その真相を、本記事で探っていきます!

[adsense]

大久保佳代子のマラソンやらせ疑惑

大久保佳代子

大久保佳代子

『めちゃイケ!』主体で展開された、2015年の『27時間テレビ』。

この中で、お笑い芸人の大久保佳代子さんが27時間マラソンに挑戦しました。

マラソン企画自体、大久保佳代子さんが挑戦した時は、実に3年ぶりの復活だったそうですね。

88kmを走るという企画だそうで、当時は、大久保佳代子さんがレギュラー出演しているCBC情報バラエティ『ゴゴスマ』でも、度々マラソン完走のために行われているトレーニングの話も出ていたほど。

しかし、残念なことに、この大久保佳代子さんのマラソンは、

『途中で車を使ってショートカットした』

という疑惑を持たれてしまうこととなるのです。

では、なぜ大久保佳代子さんの『27時間テレビ』のマラソンは、このような不正疑惑がもたれてしまったのでしょう?

仮に車を使ってショートカットしたとしたら、もはやこれは完全にやらせであり、マラソンなど嘘だったということになります。

フジテレビは信頼が失墜していますし、過去に何度もやらせによって番組打ち切り…。

1 2 3
ページトップへ