大久保佳代子の27時間テレビのマラソンやらせ疑惑と批判炎上の真相

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大久保佳代子

という事態を招いているため、やらせをしていたとしても不思議ではありません。

 

そこで、この大久保佳代子さんのマラソンやらせ疑惑を調べてみることに…。

すると、その疑惑がもたれることとなった事の発端は、7月25日の夜だったとわかりました。

大久保佳代子さんがマラソンをスタートする前なのですが、ある1人の男性が、フジテレビが不正をしないかチェックしようとしたのです。

その人というのが、ニコ生主であり、『暗黒放送』で有名な横山緑氏。

黒い覆面が特徴的な人ですね。

この横山緑氏は、久保佳代子さんのスタートからゴールまでを追いかけようと企画したのです。

しかし、それを阻止しようとした警備会社『ALSOK』に捕まってしまったことで、口論に発展…。

『ALSOK』に業務妨害だと言われたところで、横山緑氏は大久保佳代子さんの追跡を挫折…。

こうして、横山緑氏の計画は、大久保佳代子さんがマラソンを開始してすぐに頓挫してしまったのです。

さて、ここまでは全くテレビでも放送されなかったため、とくに何事もなく終わって一安心でよかったのですが、問題はこの後でした。

計画が挫折した時、横山緑氏はワゴン車を映しながら

「フジテレビのスタッフと警備員が車に乗って移動していった」

と実況していたのですが、これを視聴者が

「大久保佳代子さんが車に乗っていった」

と誤解して伝わってしまったのです。

そしてその誤解をした『暗黒放送』の視聴者がTwitterに、

「大久保佳代子が車に乗ってワープした!」

と誤解したままツイートし、それが瞬く間に拡散されてしまったのです。

その結果、大久保佳代子さんの88kmマラソンにやらせ疑惑が持たれてしまったわけですね。

1 2 3
ページトップへ