ユニクロの人気と売上が低迷する理由は商品価格の認識違いが原因?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ユニクロ


実用的でカジュアル、そしておしゃれな洋服を格安で提供し続けてきたユニクロ。

しかしこの数年で、ユニクロの売り上げは大きく低迷してしまっていますね。

一体、ユニクロに何が起きたというのでしょうか?

本記事では、なぜユニクロの売り上げが低迷してしまったのか、その原因を探っていこうと思います。

[adsense]

ユニクロの売上が低迷…

大手ファッションブランドのユニクロ。

このところ、売上がかなり低迷しています。

例えば、2016年2月の中間連結決算では、

55.1%%減

という大幅な減益になっていますし、2016年8月期の決算では、

前期比22.6%減

という大失速…。

ユニクロといえば、一時期はものすごい売上を記録していた『奇跡の企業』とも言われていました。

現在のファーストリテイリングに社名を変更した際は、ユニクロの店舗数はわずか30ほど…。

そして、売上も約70億円となっていましたが、現在のユニクロは

全世界で3000店以上を展開

するに至ったのです。

そんなユニクロが、なぜ最近になって低迷しているのでしょう?

売上推移を調べてみると、2015年6月あたりから、国内での売上が低迷し始めたことがわかりました。

そして、上記のような大幅な低迷ですから、ユニクロの急速な売上低迷の理由は気になるところですよね…。

 

ユニクロの人気や売上が下がった理由

では、なぜユニクロの売上は低迷してしまったのでしょうか?

多少売上が減る程度なら、業界そのものの不振ということも考えられるわけですが、ユニクロだけが大幅に低迷。

となると、何かユニクロに問題があったとしか考えられません。

 

そこで、ユニクロの売上が低迷した理由を調べてみることに…。

1 2 3
ページトップへ