専業主婦の利点とデメリットを考察!夫(男性)の年収はいくら必要?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夫婦

そういった意味で、

「働かないかわりに、家事や育児は手を抜かず、しっかり家庭を守りたい!」

と考えている女性が多いわけですね。

時間にも気持ちにも余裕ができて、家事や子育てに専念できることが、専業主婦の大きなメリット

と言えるでしょう。

また、

社会保障費の負担が減ること

も専業主婦のメリットの1つと言えます。

妻を夫が扶養していれば、健康保険などの負担が大きく増えるということはありません。

 

専業主婦になるデメリット

では、逆に専業主婦になることのデメリットは、どんなことがあるのでしょうか?

 

専業主婦になるデメリットとしては、やはり1番に挙がってくるのが、

経済的な問題。

専業主婦になることで、

女性一人分の収入がなくなり、家計に悪影響をあたえてしまうことが、専業主婦の最大のデメリット

と言えます。

また、生活費の稼ぎを男性に全面的に任せることも、妻にとってのデメリットに繋がってしまうでしょう。

たとえば、男性が不慮の事故に遭ったり、重い病気を患ってしまったりして、仕事を続けられなくなったら?

考えたくはありませんが、夫婦仲が拗れて離婚になってしまったら?

そんな『万が一』のとき、専業主婦であると、妻は一切の収入が絶たれている状態です。

また、すぐに就職先を探すことも難しいでしょう。

このように、収入源を男性に頼っていることは、大きなデメリットに繋がります。

しかし、共働きの場合だと、収入が増えるだけでなく収入源も増えるため、もしどちらかが失職になっても、もう一方はまだ働けています。

つまり、新しい職を探すまでの期間も家庭に収入があるわけですね。

このように、収入のみならず、収入源が増えることに大きな意味があるのです。

1 2 3
ページトップへ