専業主婦の利点とデメリットを考察!夫(男性)の年収はいくら必要?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夫婦

また、共働きとそうでない場合だと、老後の生活にも非常に大きな差ができます。

共働きの女性は厚生年金も払っています。

当然、その分の現役時代の負担は増えますが、老後はしっかりと年金が入る予定になっています。

男性1人分の年金と、夫婦二人の年金が家庭に入るのでは、老後の生活は間違いなく変わるでしょう。

やはり、現在・将来どちらにしても、生活の安定を求めるならば、間違いなく共働きの方が良いのではないでしょうか?

 

妻(女性)の専業主婦に必要な夫(男性)の年収

先ほど述べたように、専業主婦になるのであれば、家庭の経済面を十分に考慮しなければなりません。

実際、妻(女性)が専業主婦として生活するためには、夫(男性)にはどれくらいの年収が求められるのでしょうか?

 

これには、夫婦で

『子供が欲しい、子供が既にいる』

かによって、必要な年収が大きく変わってきます。

たとえば、夫(男性)の年収が平均的な500万円であったとすると、月々に使えるお金は20万~30万円となります。

この金額だと、決して贅沢はできないものの、男女二人がそれなりに生活していく分には、何も問題なさそうです。

ところが、子供を産んで、小学校から大学卒業まできちんと教育を受けさせようとすると、

子供一人あたり1000万~1500万円が必要

となります!

家を購入する費用や、老後のための貯金、生活水準を上げたいのであれば、年収500万円での生活は非常に厳しいでしょう。

したがって、

専業主婦になり、子供を育てたり、それなりの生活水準で家を建てたりしたいのであれば、男性の年収は

最低でも700万円必要

というのが現実のようです。

現在の経済状況で年収700万を1人で、というのはなかなか難しい話でしょうね。

さらに、生活費には地域差も存在します。

東京や大阪などの都会で暮らすとなると、家賃などの生活費がより多くかかりますし、それだけ家計も圧迫されることになります。

(都会の方が、収入が良いこともありますが)

そういった点も考慮すると、専業主婦や子供を男性が一人で余裕を持って養っていくのであれば、やはり年収は700万円以上の稼ぎが求められると言えるでしょう。

 

まとめ

専業主婦になることへのメリットやデメリット、そして、専業主婦として生活するために必要な男性(夫)の年収について紹介してきました。

女性が働くことで得られる経済面の恩恵は大きいところですが、やはり出産や子育てにかかる時間や手間を考えると、子供が産まれた場合には精神的なタフさが求められることには間違いありません。

一方で、専業主婦は家事・育児に集中することはできますが、男性の年収は最低でも700万円程度なければ、生活水準を上げるのが難しいかと思われます。

逆に言えば、『子供は欲しくない』家庭であれば、夫婦共働きの方が、夫婦そろって経済的に困らない余裕のある生活ができそうですね!

1 2 3
ページトップへ