成宮寛貴のドラマ相棒降板の原因と4代目に反町隆史を起用の理由

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
相棒


人気ドラマ『相棒』は、

4代目相棒として反町隆史さん

が起用され、すでに2シーズンが経過しました。

もう慣れた人もいれば、いまだに違和感がある人など、反町隆史さん演じる冠城亘に対し、さまざまな想いがあるでしょう。

それにしても、そもそもなぜ反町隆史さんが4代目の相棒に起用となったのでしょう?

当時は仲間由紀恵さんが4代目の相棒になる、及川光博さんが相棒に復帰するなど、さまざまな噂が流れていましたが…。

そこで当記事では、3代目相棒の成宮寛貴さんの降板理由や、4代目相棒の反町隆史さんの起用の理由を探ってみようと思います!

[adsense]

ドラマ『相棒』から成宮寛貴が卒業・降板した理由

水谷豊さんが主演を務める刑事ドラマ『相棒』。

『相棒』は、成宮寛貴さんがシーズン11からシーズン13までの3シーズンに渡って3代目相棒『甲斐享』を演じましたね。

しかも、成宮寛貴さん演じる『甲斐享』は、殉職ではなく

逮捕されるという異様な最終回

となり、そのまま成宮寛貴さんは『相棒』を降板…。

では、なぜ成宮寛貴さんは『相棒』を降板となってしまったのでしょうか?

仮に相棒を続けていたとしても、現在では芸能界を引退してしまっているため、どちらにせよ時間の問題ではありましたが…。

 

噂ではあるものの、『相棒』で成宮寛貴さんが降板した最大の理由は、

水谷豊さんにあったらしい

とのこと。

水谷豊さんは、自分の演出やキャスティングにクレームを入れる人を好みません。

そして、『相棒』での共演当初は謙虚に接してきた成宮寛貴さんをかわいがっていたそうですが、次第に状況が一変。

水谷豊さんが、成宮寛貴さんの演技に飽きてしまい、

「相棒としては下手すぎる」

1 2 3
ページトップへ