進撃の巨人(実写映画)の監督が大炎上!批判の理由原因と評判を考察

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
進撃の巨人

事実、その映画評論家は、ネットでも評判は悪いようなので、ネットユーザーとしては、

『無視すればよかったのに』

という意見も多かったのです。

ところが、残念ながら樋口真嗣監督がTwitterで、上記の内容を投稿したために、酷評云々は別にして、場外乱闘のような炎上騒ぎが起こってしまったのです。

元々映画『進撃の巨人』は、賛否の分かれた作品です。

ひとつの火種があれば、一気に燃え広がるのは目に見えてわかっていたはず…

しかし、樋口真嗣監督が冷静な判断を取ることができなかったことが、騒ぎを大きくしました。

このツイートは、おそらく身内につぶやいただけのつもりでいたのに、それが一気に拡散されてしまったために、大騒動となってしまったようなのです。

実写映画『進撃の巨人』に関して、確かに純粋に

「リアリティに欠ける」

という批評もあります。

しかし大部分は批評というより、監督と映画評論家のバトルを面白がって、多くのネットユーザーが叩いたことが真相のようですね。

なんとも人騒がせな話です…。

 

『進撃の巨人』炎上原因となった映画評論家の酷評

進撃の巨人

正直、こんな言い方をすると批判する人が多く出てくると思いますが、筆者は別に映画評論家でも何でもありません。

しかし、たまに映画コメンテーターの辛辣な意見を見ると、『本当に映画を見て発言している?』と思うところが多々見受けられます。

そもそも映画評論家って、映画の魅力をより多くの人に伝える仕事のはずです。

なのに、酷評ばかりしているとは…。

正直、『彼等は何がやりたいのだろうか?』と首をかしげたくなる時があるのです。

今回の実写映画『進撃の巨人』に対する酷評もまさにそれでした。

筆者自身が、この映画『進撃の巨人』を隅から隅まで見ているわけではないので、そこまで言うべきではないでしょう。

1 2 3 4
ページトップへ