福原愛の神対応と歴代熱愛彼氏(錦織圭や結婚相手)をチェック!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
福原愛

普通なら断りを入れても何らおかしくありません。

しかし、福原愛選手はそれら記者の要望に全部応えたのです。

その上、たまたまトランクに入っていた『ドラえもん』の漫画コミックを取り出し、

『うるっと来ちゃいました』

と素の部分まで見せてくれているのです。

わざわざ空港まで囲み取材のために出向いた取材陣を無駄足にさせないために、福原愛選手は気遣いされていたのです。

その姿が『神対応』と賞賛され、ネットでも話題となったのようです。

まぁあまりに乱暴な取材記者には、そこまでの対応をする必要はないと思います。

しかし丁寧に接してこられた人ならば、アスリートも丁寧に対応してあげる。

そんな心のやりとりが見えた微笑ましい光景だと言えそうですね。

追記

福原愛選手の『神対応』や卓球に立ち向かう真摯な姿勢。

これは、とある取材記者が福原愛選手を現在まで追いかけ(密着取材)ている一つのきっかけでもあるそうです。

また一方で、この福原愛選手の存在が次世代の選手たちが卓球に興味を持ち、彼女に憧れるきっかけとなっていると言われています。

卓球は、野球やサッカーなどと比べて、陰湿なスポーツと言われ、敬遠されがちなところがありました。

しかし、福原愛選手が注目されたことで、間違いなくイメージが大きく変わりました。

後に石川佳純選手、伊藤美誠選手、水谷隼選手など、男女ともに有力選手がたくさん台頭するようになったことで格段と卓球人口は増えています。

卓球は、瞬発力を必要とし、瞬時の駆け引きが面白いスポーツであると考え直してもらえる一つのきっかけを与えた福原愛選手。

彼女の卓球と向き合うひたむきな姿勢は、多くの人たちの心を動かし、今の卓球ブームがあるんだと思いますよ。

 

福原愛の彼氏に錦織圭!

錦織圭

錦織圭

『福原愛の熱愛彼氏』

といえば、やはりプロテニス選手の錦織圭との熱愛を思い浮かぶ方が多いですよね。

2008年12月の手つなぎデートが、写真週刊誌『フライデー』にスクープされ、五輪カップルと話題になったことの影響が大きいでしょう。

結局、二人とも海外遠征なども多く、すれ違いの末に破局を迎えています。

当時はお似合いの二人だっただけに、恋が実らず他人ごとながら、少し残念な気もしました。

ちなみに、福原愛選手は、

2009年に錦織圭選手が怪我でリハビリをしている最中にも励ましのメールを送って精神的サポートをされていた

と耳にしています。

錦織圭選手にとって、なかなか巡り会えないような気の遣える彼女と別れたことは、とても残念なことだったと思います。

すれ違いが起きてしまうのは、互いにプロアスリートですし、『仕方がない』と割りきって、その後も付き合っていれば良かったのに…。

と思うだけに、筆者としても残念ですね。

 

福原愛の錦織圭以外の歴代熱愛彼氏は?

福原愛選手は、錦織圭選手と熱愛し、後日破局されたわけですが、錦織圭選手以外に彼氏はいるのでしょうか?

そこでいろいろ調べてみましたが、福原愛選手の浮いた話は、錦織圭選手以外には出てきていませんでした。

ただ、具体的に出てきていないだけで、水面下で彼氏と交際していた可能性もあるでしょう。

錦織圭選手とはフライデーにスクープされるまで水面下で交際されていたわけですからね。

追記

リオ五輪後、同じく卓球選手の

江宏傑(こうこうけつ)選手(2016年リオデジャネイロオリンピックではチャイニーズ・タイペイ代表)

との熱愛が大きく取り上げられ、2016年9月に福原愛選手は結婚します。

この二人の出会いは、中学生時代の頃という話らしいです。

およそ2001年~2003年の間とのことですので、リオ五輪後は結婚に向けての一つのきっかけでしかなかったと言うべきかもしれません。

さて、そんな二人の馴れ初めですが、

中学時代にITTFワールドツアー(フィギュアスケートで言うグランプリシリーズのようなもので、世界各地で行われる国際オープン大会)で出会います。

その頃の二人は、ただの顔見知り程度だったそうです。

それからしばらくして2014年ごろに福原愛選手が怪我続きで落ち込んでいた頃に二人の距離が急速に縮まっていきました。

なんと、落ち込んだ福原愛選手に声を掛け、励まし支えてくれたのが江選手で、彼の方から猛アタックした結果、二人は急接近!

2015年くらいから正式に交際スタートとなったようです。

ただ、江選手は台湾人、福原愛選手は日本人です。

国が違うだけに、Facebookを通じた遠距離恋愛が中心だった模様。

それでも、できる限り二人だけで会える時間を大切に絆を深め合い、徐々に距離を近づけていきます。

1 2 3 4
ページトップへ