ペルセウス座流星群2017の極大時間はいつ?方角は月明かりに注意

天体観測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペルセウス座流星群


流星が見えなくなってもしばらくは余韻に浸ることもできるという、すばらしい夏の風物詩。

学生は『ペルセウス座流星群』を夏休みの自由研究課題にすることも多く、子供たちを集めて観測会が開かれることも多いそうですよ。

 

ペルセウス座流星群2017の極大時間はいつ?

ペルセウス座流星群

それでは、2017年の『ペルセウス座流星群』。

その見ごろとなる日程と、時間はいつになるのか調べてみました。

2017年の『ペルセウス座流星群』がもっとも活発になる極大時間については…

日本時間の2017年8月13日4時頃

となっています。

これは素晴らしい観測条件と言えますね!

極大時間そのものは、明るくなりはじめてしまっていますが、極大時間の前後も非常に観測しやすい時間帯です。

つまり、

8月13日の0時~3時あたりの深夜

であれば、非常に多くの流星が見られるわけです。

そして、観測に向いている時間帯は、当然ながら深夜。

時間帯だけならば、かなり好条件で2017年の『ペルセウス座流星群』が見られるわけです。

ただし、後述する条件を合わせると、1時間に35個ほどしか見えないそうですが、それでも十分な数ですよね。

 

ペルセウス座流星群2017の方角は?

そして、次に気になるのは『ペルセウス座流星群』のよく見える方角ですね。

『ペルセウス座流星群』は、先ほども触れたとおり、ペルセウス座γ星付近を放射点として現れます。

ペルセウス座付近から四方八方へ流れていくので、東京であれば方角は北東の位置、ということになりますね。

ただ、この方角については、あまり気にしなくてもいいと思います。

というのも、流星群は放射点のみに現れるわけではなく、広範囲に夜空のどこにでも現れます。

1 2 3
ページトップへ