木村沙織の身長や天然な性格など経歴プロフィール!美脚でも有名!

スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
木村沙織

 

木村沙織の経歴プロフィールをチェック

木村沙織

全日本女子(火の鳥ジャパン)で絶対的エースとしてだけでなく、キャプテンとしても期待され続けた木村沙織選手。

彼女は世界的にも非常に人気の高い選手であり、彼女のプロフィールを気にする人は多いようです。

やはり、ポリバレントな能力だけでなく、天然キャラの素顔とバレーボール選手としての木村沙織選手とのギャップが、人気に繋がっているのかもしれませんね。

さて早速、木村沙織選手のプロフィールを簡単ながら紹介していきます。

木村沙織選手のプロフィール

名前 木村沙織(きむら さおり)

生年月日 1986年8月19日

出身地 埼玉県八潮市

身長 185センチ

体重 68キロ

血液型 O型

父親の仕事の都合で、幼いころに大阪・東京と何度か引っ越し、学校も何度か転校してきた木村沙織選手です。

両親の影響を受けて、小学校2年の頃にバレーボールに出会うと、どんどん熱中していきます。

一時期、友達と思う存分に遊びたいと、2週間ほどバレーボールの練習から離れることがありました。

しかし木村沙織選手がバレーボールから離れたのは、この時の2週間だけ。

 

木村沙織選手のレシーブ力が向上したのも、絶対的エースとして期待されるような活躍をしているのも、小学校時代の練習が大きな支えになっているようです。

まさに、バレーボールをするために生まれてきた女性と言えるでしょう。

その後、木村沙織選手は、中学・高校と、名門・成徳学園(現・下北沢成徳)に進学します。

ここで、大山加奈さん、荒木絵里香選手、大山未希さんなど、後に木村沙織選手が全日本で同じチームに所属するメンバーたちと、運命の出会いを遂げるのです。

この頃より木村沙織選手のポジションは、センターやライトに入ることが多くなりました。

また、中学時代からぐんぐんと身長が伸び、中学の3年間では15cmも伸び(現在は185cm)ました。

そして、レシーブ・トス・アタックと、あらゆる能力を発揮し、チームの中心メンバーへと成長していくのです。

さらに、17歳の頃には、全日本メンバーに選出され、その年のアジア選手権で、代表デビューも果たします。

中学や高校時代に活躍する選手はたくさんいますが、この時点で、全日本で活躍する選手は、その中でもひと握りにすぎません。

まさにシンデレラ・ガールとして、代表デビューから注目され続けていたのが、木村沙織選手だったというわけです。

当然、木村沙織選手は高校時代に、春高バレーで大車輪の活躍をして、母校の

2連覇

に貢献しています。

3年の時には、決勝で試合中の接触によるアクシデントに見まわれ、1-3と敗れています。

それでも、木村沙織選手は足を引きずりながらも、戦い抜いた精神力には脱帽でした。

きっとこの頃から木村沙織選手には、絶対的エースとしての資質が、芽生え始めていたのかもしれませんね。

木村沙織選手は、高校卒業後、Vリーグの東レ・アローズに入団。

常勝軍団の大黒柱として活躍し続けました。

また、ロンドンオリンピックでは、28年ぶりの銅メダル獲得にも貢献しました。

その後、木村沙織選手は、トルコリーグ『ワクフバンク・スポーツクラブ』に移籍しました。

そこではトルコカップ・欧州チャンピオンズリーグ・トルコリーグの、三冠奪取に大きく尽力しています。

そして、2013年には、リオ五輪でのメダルを目指して、改めてキャプテンに就任しました。

さらにはトルコリーグ『ガラタサライ・ダイキン』への移籍を経て、2014年、再び東レ・アローズに復帰しています。

 

追記

先ほどお話したように、木村沙織さんは、2017年3月に現役を引退しました。

そのため、残念ながら、しばらくはバレーボールに携わる彼女を見ることができないと思います。

引退は誰にでもいつかは訪れることなので、こればかりは仕方のないことですね。

 

木村沙織は天然な性格・発言もかわいい!

木村沙織選手は、絶対的エースとして注目されましたが、バレーボールを離れた場面では、

『かわいい』

と多くの男性ファンが魅了されているそうです。

スラっと伸びた美脚、笑うと見える八重歯が可愛らしく、時折見せるベビーフェイスな表情など、木村沙織選手にはチャームポイントがたくさんありますね。

その上で、1時間と1ヶ月を間違えて発言してしまうなど、非常に『天然ちゃん』気質を覗かせているところなど、世間で人気があるのもわかります。

中でも、2003年の全日本キャプテン・吉原知子さんの印象を聞かれ、思わず

「母さんみたい」

と、答えたというエピソードには、大爆笑を誘いました。

吉原知子さんの表情が、『ムッ』としていたかどうかはわかりません。

何も考えていなかったとはいえ、先輩との垣根を取っ払うようなこの発言は、その場を和ます発言となったでしょう。

 

また、木村沙織選手の場合、バレーの実力や容姿だけでなく、取材に対しても構えることなく、ざっくばらんで気さくに対応してくれます。

1 2 3 4
ページトップへ