森本千絵にパクリ盗作疑惑!プロフィールとミスチル画像を比較検証

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
森本千絵


それは具体的には、

多くの広告物やCDジャケット等のデザインに携わっているデザイナー

の認識でいいと思います。

そんな森本千絵さんの代表的な作品というと、

  • 2003年のJリーグ『A3 MAZDA CHAMPIONS CUP 2003』
  • 2015年の『Canon ミラーレスカメラ EOS M』

といった広告ですね。

また、森本千絵さんはCDジャケットにおいても数々のデザインを手がけています。

  • AKB48の名曲『桜の木になろう』
  • 松任谷由実さんの『POP CLASSICO』
  • ミスターチルドレンの名曲として知られる『HOME』、『GIFT』、『HANABI』

などです。

まさに、森本千絵さんは人と人をつなげる空間のデザイナー・アーティストといえるでしょうね。

 

森本千絵にも盗作・パクリ疑惑の理由

コミュニケーションディレクター及びアートディレクターとして活躍する森本千絵さん。

しかし、その森本千絵さんも、盗作・パクリ疑惑が浮かんでいたことを知っていましたか?

そのきっかけになったのが、森本千絵さんが、

東京オリンピックエンブレム盗作問題で話題となった佐野研二郎氏を擁護したこと

なのです。

この問題が発生した時、森本千絵さんは自身のTwitterで、

「真似する人じゃない」

と、佐野研二郎氏を擁護するコメントを投稿しました。(そのツイートは削除済み)

もともと二人の関係は、日本の広告代理店である博報堂に所属していた頃の先輩後輩の間柄。

佐野研二郎氏が先輩で、森本千絵さんが後輩です。

森本千絵さんの言い分としては、佐野研二郎氏は、逃げも隠れもしない実直な人柄の持ち主で、

「尊敬できる先輩」

とのこと。

そんな佐野研二郎氏が無罪を主張していたため、普段からの佐野研二郎氏の人柄を知っていた森本千絵さんが、

1 2 3 4
ページトップへ