長嶋りかこにもパクリ盗作疑惑!プロフィールと作品画像を比較検証

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムデザインのパクリ盗作疑惑で一躍有名になってしまった佐野研二郎。

一度、佐野研二郎のデザインにパクリ盗作疑惑が投げかけられると、その弟子でもある長嶋りかこにも、パクリ盗作疑惑が投げかけられました。

この一連の流れをきっかけに、デザイナー業界のパクリや盗作に対する考え方はどうなっているのか?と不名誉な注目を浴びてしまうことに…。

そこで本記事では、佐野研二郎の弟子である長嶋りかこのパクリ・盗作疑惑について画像を用いて比較検証していこうと思います。

長嶋りかこの師匠・佐野研二郎にパクリ盗作疑惑…

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムデザインを巡って、パクリ盗作疑惑が浮上したことは記憶に新しいですよね。

2015年は様々なところで、パクリ盗作疑惑が何かと問題になりました。

その始まりは、東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムデザインを手がけた佐野研二郎に、パクリ盗作疑惑が投げかけられたこと。

この疑惑が投げかけられた佐野研二郎でしたが、パクリ盗作疑惑をずっと否定し続けていました。

しかし、このような疑惑が投げかけられてしまったことから、佐野研二郎がデザインを手がけたエンブレムの使用は見送りされることに…。

これで、デザイン業界のパクリ盗作疑惑は執着するかと思いきや、佐野研二郎の弟子である長嶋りかこにまで、飛び火が散ってしまったのです。

なぜ、弟子である長嶋りかこに対してまで、飛び火が散ってしまったのかというと、佐野研二郎の周りは、癒着だらけでそもそもオリンピックのエンブレムの選考も、公平に行われていなかったのではないか?という疑惑が浮上してしまったため。

1 2 3 4
ページトップへ