視聴率最悪のバイキングをフジテレビが打ち切りにしなかった理由

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


長年多くの視聴者に愛されてきた『笑っていいとも!』が放送終了し、その後に放送開始されたのがたバラエティ番組『バイキング』。

何かとクレームの多いこの番組は、一時期は視聴率低迷で、打ち切りの噂も流れるほどでした。

もともとは曜日MCであった坂上忍をメインMCに据える荒療治を施しても、ますます視聴率が低迷し、『バイキング』は絶体絶命の大ピンチを迎えていたのです。

そこでフジテレビは『バイキング』に、さらなる大刷新を行い、情報番組に変貌させると大復活!

一体、『バイキング』に何が起こったというのでしょうか?

本記事にて、『バイキング』視聴率低迷期から、現在に至るまでの状況を振り返り、なぜ打ち切りにしなかったのか、また今後の動向も探っていきます!

視聴率低迷を極めたバラエティ番組『バイキング』

バラエティ番組『バイキング』は、2014年4月から人気長寿番組『笑っていいとも』に代わり、フジテレビの昼の帯番組として放送開始されました。

放送開始から『バイキング』は、毒舌ブームに乗っかりブレイクしていた視聴率男の俳優・タレントの坂上忍を筆頭に、豪華ラインナップのMCを取り揃え、様々な企画で放送されてきました。

当時、

  • 坂上忍が月曜MC
  • EXILE:NAOTO・TAKAHIROが火曜MC(TAKAHIROは隔週)
  • おぎやはぎが水曜MC
  • フットボールアワーが木曜MC
  • 雨上がり決死隊が金曜MC

と、まさに豪華絢爛なMC陣を取り揃えて、日替わりMCとして、大々的に放送。

当時の彼らの幕末を意識したような衣装で写されたポスターが、今となっては非常に懐かしい気もしますね。

1 2 3 4
ページトップへ