仮面ライダーゴーストのキャストと主人公・西銘駿のプロフィール

仮面ライダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西銘駿

2017年5月公開のVR映画『交際記念日』で太一役

を演じるなど、西銘駿さんは着実に俳優としてのキャリアを積んでいます。

今後のさらなる成長が楽しみですね。

 

それにしても、

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身の仮面ライダー出演率は非常に高い

ことに気が付かされます。

2011年のグランプリ・佐野岳さんは『鎧武』、2007年の準グランプリ・白石隼也さんは『ウィザード』、2008年の準グランプリ・渡部秀さんは『OOO』で、それぞれ主人公を演じています。

『555』の主人公を演じた半田健人さんや、『W』の主人公の一人、フィリップを演じた菅田将暉さんも、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストとして残っています。

主人公だけでも、これだけのジュノン・スーパーボーイ・コンテスト上位者がいるとは…

俳優界では若手俳優の登竜門という位置づけになっている平成仮面ライダーシリーズ。

そして、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストがきっかけで芸能事務所に所属する人も多いことから、この二つが結びつくのも自然のことなのかもしれませんね。

 

『仮面ライダーゴースト』のキャスト

さて、それでは『仮面ライダーゴースト』のその他のキャストについても、確認していきましょう。

天空寺タケル:西銘駿

西銘駿

主人公の天空寺タケル役は、先ほど紹介した西銘駿さん。

スポーツが得意で、アクションシーンも問題なくこなせると思っていたそうですが、実際にやってみると、かなり難しく苦戦したとのこと。

西銘駿さんは、最初の方こそ声に張りがなく、弱々しさを感じさせ、

「ほんとに大丈夫なのかなぁ…」

と思っていたのですが、物語終盤の夏ごろにもなると、声を張るシーンも様になっていて、

1 2 3
ページトップへ