カレーの保存方法と隠し味を入れた美味しい作り方(レシピ)を紹介

グルメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カレーライス

そのため、繁殖しても気づかないまま食べてしまう危険性をはらんでいます。

しかも、ウェルシュ菌は加熱しても消滅することがなく、芽胞を作って生き延びるというのです。

カレーの保存方法としての常温保存は、

1日持つか持たないか

程度なので、注意してくださいね。

カレーの冷蔵保存

カレーの保存方法として、冷蔵保存があります。

具体的には、蓋をした鍋ごと冷蔵庫に入れて保存する方法です。

この冷蔵方法は、よく使っている人も多いと思いますが、実はカレーライスの冷蔵保存にも、目安となる期間があります。

カレーライスの冷蔵保存の目安は…

3日まで

これ以上は、菌が繁殖する恐れがあります。

そのため、冷蔵保存も基本的には長くはもたないと頭に入れておきましょう!

 

カレーの冷凍保存

長い期間、カレーライスを保存したい場合は、やはり冷凍保存に限ります。

具体的には、タッパーなどに小分けして、密封した状態で冷凍します。

この冷凍保存であれば、

1か月ほどは保存が可能

なので、しばらくカレーを食べる予定がない場合は、必ず冷凍保存をするようにしましょう。

しかし、冷凍保存をすると具材…とくにジャガイモやニンジンの食感がひどくスカスカしてしまいます。

なので、

ジャガイモやニンジンは潰しておく工夫

が必要になります。

冷凍したカレーを解凍する場合は、

食べる前日に解凍をおこなう

とよいですね。

また、解凍をせずに温めるのはやめましょう。

凍った状態のままレンジなどで温めてしまうと、水分が飛んでしまい、カレーがパサパサでおいしくありません。

カレーを解凍する場合は、冷蔵庫でゆっくり解凍しましょう。

せっかく保存したカレーですし、おいしく食べたいですよね!

 

1 2 3
ページトップへ