カレーの保存方法と隠し味を入れた美味しい作り方(レシピ)を紹介

グルメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カレーライス

以上が、カレーの保存方法となります。

結論として、カレーの保存には、

冷蔵保存か冷凍保存をおこなう

これを心がけましょう!

 

カレーライスをおいしくするおすすめの作り方(レシピ)

続いては、ちょっとした工夫で、市販のカレーを極上なカレーにできる作り方(レシピ)を紹介します。

この作り方をすると、あっという間に絶品カレーになりますよ!

まず、1つ目のポイントとして挙げたいのが、カレーの味を奥深くするために、

隠し味で、インスタントコーヒーの粉やチョコレートを用いること

 

たとえば、インスタントコーヒーを大さじ2杯程度

(作るカレーの量にもよりますが、カレールー1箱分に対してです。)

これを隠し味に入れると、

カレーの味が奥深いものになり、カレーの塩辛さが抜ける

のです。

もちろん隠し味なので、入れ過ぎはNG

うまく分量を調節しながらカレーに入れると、飛躍的にカレーの味が変わるので、ぜひ試してみてくださいね。

そして、次におすすめなカレーの作り方のコツとして挙げたいのが、

水を使わず、トマトジュースを使ってカレーを作る

なぜ水ではなく、トマトジュースをカレーに用いるのかというと、

トマト独特の酸味がカレーのスパイシーな風味を引き立て、奥深い味わいを演出してくれる

からです。

あまり大量にトマトジュースを入れ過ぎると、ルーによってはハヤシライスのようになってしまうので禁物です。

水の代わりと言っても、ルーの特徴を考えた上で、割合を調節しながらトマトジュースを使うようにしましょう。

また、トマトジュースは食塩無添加のものが良いでしょう。

はじめは、トマトジュースを少しずつ加えていって、自分好みの味を探してみてくださいね。

 

以上、カレーをおいしくするおすすめの作り方(レシピ)を紹介しました。

ちょっとしたコツでカレーライスは劇的に変わっていきます。

これらの作り方(レシピ)は、一度は試してみる価値は十分あると思います。

ひと手間で美味しいカレーを作りたいという人は、ぜひ!

 

おわりに

今回は、カレーライスの保存方法とその保存期間、ちょっとした工夫でカレーライスが極上カレーライスに変身する作り方(レシピ)について紹介しました。

カレーライスは男性の間で大人気の料理です。

もしカレーが美味しくできれば、子供や旦那、恋人のハートを鷲掴みできるはず。

ぜひこの機会に、本記事で紹介した美味しく作るコツを参考に、みなさんも美味しいカレーライスを作ってみてくださいね。

1 2 3
ページトップへ