おんな城主直虎(柴咲コウ主演)の経歴とドラマの視聴率や評判を考察

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
柴咲コウ


 

さて、それでは井伊直虎について簡単に紹介していきますね。

直虎は、

井伊直盛の娘

として生まれます。

幼名は不明とのことですが、一人の女の子としてすくすく育ち、本来ならば、女性としての幸せをつかむはずの人物でした。

しかし運命のいたずらというべきなのか。

天文13年(1544年)。

直虎と許嫁とされていた井伊直親(井伊直盛の従兄弟・直満の息子)が、ある一件をきっかけに引き離されてしまうのです。

実は、この年、今川氏与力の小野政直の讒言(人を陥れる言葉)によって、直満とその弟・直義が、今川家に対する謀反の疑いをかけられ自害することに…

そして、直満の息子である直親が、信濃に身を隠すこととなったため、直虎との結婚はご破算となってしまうのです。

そのショックからか、直虎は出家し、

次郎法師

と名乗ることとなります。

当時、僧侶となることは、

結婚はせず独り身を貫き通す

ということをも意味します。

後に、直親は井伊家に帰ってきますが、時既に遅く、二人はすれ違ったまま、時を過ごしていくということになるわけです。

また、この運命がもたらす負の連鎖はここで終わりません。

桶狭間の戦いによって、直虎の父・直盛が戦死。

さらに、小野直政の子である小野道好の讒言(人を陥れる言葉)によって、元許嫁であった直親までもが、今川氏真に討たれてしまうのです。

この時、直虎は、不幸中の幸いというべきか、母・祐椿尼の兄で、直虎の伯父にあたる新野親矩が擁護してくれました。

彼女自身の命は救われていますが、後に新野親矩をはじめ、家臣だった男連中がことごとく戦争(戦)により亡くなってしまうのです。

まさに

無城主状態

へと井伊家が陥り、結果として直虎が井伊家の城主となった、と言われています。

  • 家臣であった小野家の謀反(それも2度も…)
  • 桶狭間の戦いをはじめとした戦

この二つが、直虎の人生を大きく狂わせてしまったと言えるでしょう。

1 2 3 4
ページトップへ