ヨーロッパ難民の人数は?急増した理由原因は欧米のアフリカ政策

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
EU


近年、ヨーロッパに難民がなだれ込んできて、大きな問題になっていますよね。

ヨーロッパ難民は、イギリスのEU離脱へ傾いた一番の原因とも言われています。

またヨーロッパ以外では、アメリカのトランプ大統領誕生の背景にも影響しています。

では、なぜヨーロッパへやってくる難民がここまで増え、社会問題になったのでしょうか?

本記事では、ヨーロッパ難民が急増した理由・原因、そして難民の受け入れに否定的な意見が増えてきた理由をお話していきましょう。

[adsense]

ヨーロッパの難民が増えた理由・原因とは?

ヨーロッパの難民といえば、とくに

中東やアフリカからやってくる人

が多い印象ですよね。

そして、本来ならば救済されるべき存在の難民ですが、この1年ほどで忌避される存在となってしまいました。

では、なぜ難民に対する批判が高まってきているのでしょう?

実は、ヨーロッパにやってくる難民は、ある時を境に激増し、それが忌避される転機になったと言われています。

では、何が原因で多数の難民がヨーロッパになだれ込んでくるようになったのでしょうか?

 

ヨーロッパに難民が増えたその最大の理由は…

シリアの内戦

です。

現在では、難民の中でもシリア難民が一番多くなっています。

実際、シリアから国外へ退避した難民の数は2017年3月の段階で

500万人

を超えているのです。

それほどの人数が、主にヨーロッパを目指し、危険なシリアから命からがら逃げだしてくるわけです。

シリアでは現在、アサド政権と反体制派の衝突、さらにここにISなどのイスラム過激派が加わり、

全ての勢力が、それぞれの勢力と敵対している

という、もはや収拾のつかない事態になっています。

1 2 3 4
ページトップへ