本田圭佑の評価がイタリアで悪い理由原因は性格と結果がでないこと

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本田圭佑


なんとかベスト16には入れたものの、その後、大きな亀裂が入り、日本代表に大きな影響をもたらしています。

そして、闘莉王選手が、日本代表に起用されなくなった理由も、本田圭佑選手との衝突が理由原因として挙げられていると聞きます。

闘莉王選手も、闘将タイプで、かなり檄を飛ばすタイプの選手です。

本田圭佑選手とは反りが合わず、本田圭佑選手・中村俊輔選手の時のように、チーム内で二人が共存できなかった模様。

そして、イタリアでも本田圭佑選手は何かとビッグマウスを叩いています。

彼が良くも悪くもそういうタイプであることは、もう世界中で有名なっているでしょうね。

追記 日本代表での本田圭佑選手 2017年8月6日

本田圭佑選手は、ミランだけではなく、日本代表チームでの居場所もなくなりつつあります。

特定の選手とそりが合わない問題もありますが、それよりも本田圭佑選手自身のプレーの精彩を欠いていることが、その理由です。

日本代表のハリルホジッチ監督も、

所属するクラブで試合に出場していない選手は代表に呼ばない

と何度も語っています。

ただし、本田圭佑選手に限っては、ミランでの試合出場がない状況でも、何度も日本代表に召集してはいました。

そんな彼のプレーは、招集したハリルホジッチ監督の期待を裏切るものでした。

これもまた、試合勘が戻っていない証なのかも知れません。

しかし、2017年8月に突如発表された、メキシコ1部リーグのパチューカに移籍によって、この本田圭佑選手を取り巻く状況は変わるかも知れませんね。

ミランでは、ほとんど試合に出られないありさまでした。

1 2 3 4
ページトップへ