MGS5TPPのカットストーリーネタバレ!未完成で評価急落の理由とは

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メタルギアソリッド5ファントムペイン


小島秀夫監督が手がけた最後の『メタルギア』作品、『メタルギアソリッド5 ファントムペイン』(以下MGS5TPP)。

しかし、『MGS5TPP』は、発売後に評価が急落してしまいました。

なんとストーリーの終盤部分がカットされており、『MGS5TPP』から、今後のメタルギアサーガに繋がる重要な部分が全くわからない状態だったのです。

ストーリーがカットされ、未完成のままゲームが世に送り出されるというのは、前代未聞で普通ならばあってはならないことです。

そこで当記事では、『MGS5TPP』の終盤のストーリーは、何故カットされてしまったのか?

また、カットされた部分は、どのようなストーリーの内容だったのか、探っていきたいと思います!

[adsense]

『MGS5TPP』エピソード51 蝿の王国 ストーリーネタバレ

小島秀夫監督最後の『メタルギア』となった『MGS5』。

ストーリーの評判も

『第一章まではよかった』

と言われており、『MGS5TPP』の発売当初は、皆がおおむね高評価のレビューをしていました。

しかし、第二章を終えたあたりで一変。

ゲームクリアしたユーザー、限定版を購入していたユーザーから、徐々に『MGS5TPP』に対する批判の声が増大していきます。

その批判の声の最大の理由が…

「ストーリーが完結しておらず、未完成だった」

ということです。

唐突なストーリーの打ち切りとも思える終わり方に、『MGS5TPP』をプレイしたユーザーからは、

「小説で言えば、最後の数十ページが破り取られていたようだった」

という感想を語っています。

まさか、ストーリーが未完結でゲームが発売されたなんて…。

これはあってはならない話ですよね。

1 2 3 4
ページトップへ