綿矢りさの結婚相手(旦那)は国家公務員の官僚!その年収はいくら?

文化人・著名人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
綿矢りさ


文藝賞を受賞した『インストール』の作者で有名な小説家の綿矢りさ(本名・山田梨沙)さんは、2014年にご結婚されましたね。

綿矢りささんと言えば、文藝賞を受賞した当時は、

最年少17歳

ということで、大きな話題になりました。(現在はその記録が破られています)

それが、2001年のことですから、あれから15年以上が経つことになります。

綿矢りささんも、今ではもう30歳を過ぎ、立派な大人です。

そのため、昨今の結婚適齢期と言ってもいいお年頃になっており、綿矢りささんが結婚したのも当然と言えば当然のこと。

そんな綿矢りささんの結婚相手(旦那)は、なんと国家公務員の官僚ということです。

はたして、どんな人なのか気になるところですが、いくら官僚とはいえ一般人ですし、個人情報がそう簡単に見つかるはずもありません。

そこで下世話な話ですが、綿矢りささんの結婚相手となった旦那についてと、その収入(年収)がいくらくらいになるのかをちょっと調べてみました!

[adsense]

作家・綿矢りさのプロフィールをチェック!

%e7%b6%bf%e7%9f%a2%e3%82%8a%e3%81%952

まずは、綿矢りささんについて簡単にご紹介します。

綿矢りさのプロフィール

本名:山田梨沙

生年月日:1984年2月1日

職業:小説家

出身:京都府京都市

最終学歴:早稲田大学教育学部国語国文科

受賞歴:文藝賞、芥川龍之介賞、大江健三郎賞

綿矢りささんの父は、着物会社のサラリーマンだったそうで、これだと一見、綿矢りささんが作家になるきっかけが両親とかではなさそうな気がしますね。

しかし、綿矢りささんが幼い頃は

『本だけはいくらでも買っていい』

と言われていたそうで、お小遣いとは別で本を買ってもらったり、本を読んでもらったりしていたみたいです。

1 2 3 4
ページトップへ