ドラマ『探偵の探偵』の最終回までのストーリー結末ネタバレまとめ

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年7月期に、フジテレビ系で放送された北川景子主演のドラマ『探偵の探偵』

同名の推理小説シリーズを原作に、”探偵を探偵する”という新鮮なストーリーが話題を呼びました。

今回はそのドラマ『探偵の探偵』最終回までのストーリー結末をご紹介。ネタバレありなので注意して下さい!

[adsense]

ドラマ『探偵の探偵』の最終回ネタバレ!死神と呼ばれた犯人は…

@kumasakamikaさんの投稿

ドラマ『探偵の探偵』は2015年9月に放送を終え、これまでの謎が明らかとされました。

15歳で両親に捨てられ、暴行も受け、心が荒んでいった市村凛(門脇麦)が、ドラマ『探偵の探偵』の黒幕だったのです。

自身が関わった相手の命を奪う方法として、

筋弛緩剤を打つ

という手法であったことも『探偵の探偵』第10話で、ほぼわかりました。

@ryo_chi23)さんの投稿

ドラマ『探偵の探偵』第9話・第10話は、複雑化したドラマの設定・演出を、全て明らかにしていくようにかなり明快に、わかりやすく描かれていましたよね。

今回は一部の事件においても、原作とは異なり、ことごとく筋弛緩剤が登場してきたわけです。

クローズ アップ, 薬, 医療, 医学, 丸, 処方, 錠剤, 治療, 医薬品, 薬局

それは『探偵の探偵』最終回で、

市村凛が筋弛緩剤を用いて、紗崎玲奈の命を奪うことを暗示させるメッセージだった

と考えれば、「なぜあえて筋弛緩剤を用いていたのか?」という謎も、理解できます。

@salesoflifeさんの投稿

また、筋弛緩剤を犯行に用いることで、市村凛の狂気の性格を過剰に演出し、さらに

ただの犯人ではなく、これまでの事件の黒幕であることを強調

しようとしていたのだとすれば、筋弛緩剤にこだわっていたことが納得できます。

@k_keiko_lv)さんの投稿

1 2 3 4
ページトップへ