ドコモの新料金プラン(カケホーダイライト等)のお得?な内容を解説

家電

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドコモ

データSパック(2GB)

繰越を考えている人は、

データMパック(5GB)

がおすすめになりますね。

ただ、いずれにしても格安スマホと比較すると、料金がかさむことには違いありません。

ソフトバンクのiPhone、iPad対応 格安SIMプラン登場 u-mobile

何度見ても、この料金プランは、割高と感じざるを得ません。

本気で多くのユーザーを獲得したいのか、その本気度がいまいち伝わりにくいと言えるでしょう。

 

[adsense]

ドコモにシェアパック5プランが新たに追加

料金プランが割高に思えるドコモのプラン。

そんな中、2015年9月25日から、『カケホーダイライト』が提供開始。

ただ、それには契約条件も有り、大きな料金の値下げという風には見受けられません。

実際にカケホーダイライトプランが登場したはじめは、データSパック(2GB)での契約はできませんでした。

結局、カケホーダイライトプランにはデータMパック(5GB)以上のプランで契約する必要があり、割高となっていたのです。

また、当時はシェアパック5GBも契約不可。

これでは、お得感はあまり感じられなかったのが実情でした。

そこで総務省は、携帯3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に料金見直しの要請を行いました。

その結果、ドコモは、まず先に家族でデータをわけあえる、シェアパックプランの設定を緩和。

5GBからでもカケホーダイライトプランが適用されることになったのです。

ちなみに、シェアパック5とは、月額6,500円で、月間最大5GBをわけあえるプランです。

スマホではほとんどネット通信しないという家族にとっては、2GBでも多いくらいですし、これでも十分でしょう。

それでも、月額6,500円はまだまだ高いです。

ビジネスユーザーで2回線以上使用している人が、1台当たりのスマホ利用用を少しでも節約させるために利用

したり、家族でドコモのスマホを数台利用しているというケースで、節約のために利用することを、前提としています。

まだまだ格安スマホと比較したら、料金そのものは割高です。

ソフトバンクのiPhone、iPad対応 格安SIMプラン登場 u-mobile

そこの部分で勝てないのであれば、今後ドコモとしてはサービスの充実・アフターケアの万全で、格安スマホと勝負するしかなさそうです。

なおドコモ割引に関しては、

  • 10年以上使用している人には600円
  • 15年以上使用している人には800円

の月額割引が受けられる

そうです。

しかし、10年以上利用したことを考えると、割引額が少ないような気もします。

まぁ、以前はなかったサービスでもあるので、従来のドコモユーザーにとっては、嬉しいサービスと言えそうですが…。

 

『カケホーダイライトプラン』の評判

ドコモが提唱した、『カケホーダイライト』に関して、ユーザーたちの反応が気になり調べてみました。

どうやらサービス開始時点では、このドコモの料金プランに対して、批判が噴出している様子が伺えました。

やはり、多くのユーザーが、

「なんでネット通信に、これだけ月額料金をかけなくてはいけないの?」

と、憤りを感じているみたいです。

しかし、ドコモとしては、これでもかなり優しくなったと思います。

データSパックプランから、カケホーダイライトプランが適用になり、少しハードルが低くなっていることは事実です。

ただそれでも、5,000円前後の額が、最低でも毎月必要となるわけです。

やはり格安スマホが普及している現在では、割高と言わざるを得ません。

ソフトバンクのiPhone、iPad対応 格安SIMプラン登場 u-mobile

そのため、どうしても不満を漏らすユーザーは後を絶えないのでしょうね。

まだまだドコモ側にも、サービス形態(料金設定を軸とする…)を見直す余地はあると思います。

今後どのような価格改定が行われていくのか、その辺にも注目して、今後のドコモの動向を見ていきたいと思う次第です。

 

まとめ

ドコモの料金プラン『カケホーダイライト』は、

月額の通話料金が、最低でも1,000円割引

5分までなら無料

となり、一部ではお得になったような印象を受けます。

そして、この『カケホーダイライト』という料金プランを使える条件が、大幅に引き下げらたのです。

シェアパック5(5GB)やデータSパック(2GB)でも、この料金プランで契約できるようになりました。

それでも、配慮が行き届いていない感はありますが、今後のドコモに期待したいですね。

1 2 3 4
ページトップへ