ラグビーワールドカップ2015で日本が南アフリカに勝利が奇跡の理由

スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラグビー日本代表


 

実は、このスクラム獲得の際に、スクラムか、ペナルティキックかのどちらかを選択できたらしいのです。

ヘッドコーチからは、ペナルティキックを選択するように指示があったそうです。

しかし、日本代表のリーチ・マイケルキャプテンは、ペナルティキックでゴールを得ても、3点しか入らず同点止まりと考え、

ここで一気に逆転することを考え、あえてスクラムという大博打

に打って出ました。

その結果、逆転のトライが生まれ、日本が劇的な勝利に至ったのです。

何度も形勢逆転をくり返してリードされながらも、集中力を全く切らさずに粘り強く戦い抜いたこと

最後に勇気ある決断をしたこと

これが、日本が南アフリカに勝利した最大の理由だと言われています。

 

今回のゲームを振り返り、高校卒業後に南アフリカでプレーしていた、ウイング松島幸太朗選手はこう語っています。

南アフリカは、低くタックルを入れられることに、それほど慣れているわけではない。

日本の武器はそういった精密なタックルにあるわけだから、相手を休ませることなく、どんどん低くタックルを入れていこうと、チームで話し合って実践していった。

日本の勝因の一つは、徹底的に南アフリカの特徴を分析し、弱点をしっかり突いたことです。

その上で、粘り強く戦い続けてきた事と、最終局面での勇気ある決断が、この奇跡を生んだのです。

追記

奇跡のジャイアントキリングを達成した、2015年ラグビーワールドカップ予選リーグ南アフリカ戦(第1戦)。

これを一つの契機として、予選リーグ突破も期待されていたラグビー日本代表チーム。

その後の結果は、みなさんも知っている通り。

  • 第1戦(南アフリカ)34-32で勝利
  • 第2戦(スコットランド)10-45で敗戦
  • 第3戦(サモア)26-5で勝利
  • 第4戦(アメリカ)28-18で勝利

この結果、日本代表は、スコットランド、南アフリカと共に3-1敗となりましたが、勝ち点の関係上、予選リーグ敗退となりました。

1 2 3 4
ページトップへ