進撃の巨人・実写映画後編の口コミ評価レビューが悪い理由を考察

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
進撃の巨人


2017年4月からアニメ2期も放送されている大人気漫画『進撃の巨人』。

しかし、そんな『進撃の巨人』にも、黒歴史と言える実写映画が存在してしまっています。

『CGが酷い』

『俳優の演技が酷い』

『設定も雑』

など、様々な酷評が飛び交い、巻き返しを図った前編・後編いずれも酷評の嵐となっています。

筆者はそもそも、漫画やアニメの実写化に大反対している立場なので、この結果は当たり前だろうと思っていますが…。

では、なぜ実写映画の『進撃の巨人』後編は、評価が悪いのか?

本記事では、実写映画『進撃の巨人』後編の口コミ評価レビューに触れながら、評価が悪い理由を探ってみます!

[adsense]

実写映画『進撃の巨人』後編も評価が悪い

進撃の巨人後編

大人気漫画であり、アニメ化もされた『進撃の巨人』。

2017年4月からは、アニメ2期が放送されていて、『進撃の巨人』ファンとしては、ようやく”アレ”からの傷が癒えた頃ではないでしょうか?

その”アレ”というのが…

実写映画化

です。

今の時代、人気の漫画やアニメがあるとすぐに実写化したがりますよね。

そして、原作破壊や、再現をしようとするも、低クオリティなCGなどで批判続出という結果を招く…

これはもはや恒例行事になっているような気がします。

この『進撃の巨人』もその例に漏れず、残念なことに、実写化の毒牙にかかってしまいました。

今でこそ、この『進撃の巨人』を上回る、

「ネタ要素を排除した実写版『デビルマン』だな」

という実写化映画最底辺の称号を手にした『テラフォーマーズ』があるものの、この『進撃の巨人』も、公開当初はそれに等しい評価を得ていました。

もちろん、実写化が成功する例もあるのですが、それはあくまでも学園もののような、現実世界で繰り広げられるような作品に限ります。

1 2 3
ページトップへ