電車内優先席の携帯やスマホマナー!規制の新ルールの内容とは?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電車内


携帯電話・スマホの優先席付近での利用について、2015年10月1日以降、

『混雑時には電源をお切りください』

に変更されましたね。

実はこのアナウンス、電車内での携帯電話・スマホ利用に関するルール変更に伴うものです。

では一体なぜ、このような新ルールに変更されたのでしょうか?

当記事では、携帯電話・スマホの優先席付近での利用について、新ルールが適用された理由をお話していきましょう!

[adsense]

電車内の携帯電話・スマホマナー規制を緩和した理由

電車内での携帯電話やスマホの利用は、前々からうるさく言われてきました。

この携帯電話やスマホの電車内でのルールですが、実は2015年10月1日に緩和されたことを知っていますか?

これまでは、

『優先席付近では電源を切り、それ以外の場所ではマナーモードとして使用する』

というルールでした。

このルールが

『優先席付近での混雑時のみ電源を切り、それ以外はマナーモードでOK』

という内容に変更されたのです。

 

では何故、このようなルールの緩和が行われたのでしょうか?

これまでは、ペースメーカーなどの医療機器の動作を狂わせてしまうために、携帯電話・スマホなどの携帯型電子機器の使用は控えるように言われてきました。

しかし、それは一昔前の話です。

こういった悪影響を広い範囲で及ぼしてしまうのは、携帯電話がいわゆる2Gと呼ばれる第二世代のことでした。

しかし、2012年に3Gと呼ばれる第三世代へ移行し、最大出力が第2世代の3分の1ほどに減少。

これにより、ペースメーカーなどの医療機器は、携帯・スマホの利用で狂ってしまうことが、ほとんどなくなったのです。

そのため、とくに携帯電話・スマホの利用に制限をかける必要がなくなり、今回の新ルールによって規制緩和が施されたわけですね。

1 2 3
ページトップへ