ソニー損保の新CMは誰?瀧本美織の降板と唐田えりかのプロフィール

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普通なら、唐田えりかさんの入り込む余地がないはず…。

しかし、ある理由があり、瀧本美織さんが急遽降板となり、唐田えりかさんがソニー損保の新CMキャラクターとして起用されたのです。

その降板理由とは、

2015年6月にジャニーズアイドルグループ『Kis-My-Ft2』、通称キスマイの藤ヶ谷太輔さんと瀧本美織さんの熱愛スクープ

が流れたことです。

これまで清純派女優として瀧本美織さんを起用してきたソニー損保CMキャラクターとしては、傷が入ってしまい

ちょうどその頃に、女優としてデビューした唐田えりかさんに注目し、起用が決まったというのです。

たまたまスカウトを受け、その透明感が周囲の印象に残りました。

そして、ソニー損保の関係者も唐田えりかさんならと、期待を込めて起用したというのですから、すごい偶然ですよね。

それも芸能界のことを全く知らない状況で、いきなりCMキャラクターとして起用が決まったというのです。

唐田えりかさんとしては、ただただ驚くばかりだったでしょう。

それにしても、いくら透明感が強い女優と言っても、

全く演技のイロハも知らない唐田えりかさん

を、いきなりCM起用して大丈夫なのでしょうか?

そこで、さらに掘り下げて調べてみたところ、そこも唐田えりかさんを起用する大きな理由だったというのです。

唐田えりかさんのその風貌や印象から、

  • 全く芸能界に染まっていない
  • どこにでもいるような普通の女性
  • 清純さや透明感

これらを強く感じ、ソニー損保のクリーンさを演出するには、最高のキャストと判断し、唐田エリカさんの起用に至ったのです。

瀧本美織さんの場合も、無名時代に起用されています。

演技に関しては、これから身につけていけば済む話なので、唐田えりかさんの素質の良さで起用されたのでしょう。

全く何にも染まっていないというところも、唐田えりかさんの魅力であり、女優として武器となるでしょうね。

 

まとめ

ソニー損保のCMキャラクターに起用され、注目されている唐田えりかさん。

彼女は、千葉県出身のどこにでもいるような、ごく普通の女性。

唐田えりかさんは、たまたまマザー牧場でアルバイトしていたところをスカウトされ、芸能界デビューしました。

キャリアもそれほど長くないため、右も左も知らない純朴なところが魅力なのです。

事務所の先輩である有村架純さんからも、『透明感』が感じられると絶賛!

まだまだドラマ出演はそれほど多くありません。

しかし、NHKのドラマ10枠で放送の『ブランケット・キャッツ』にも出演。

今後も、清純派女優の卵として、唐田エリカさんの将来を楽しみにしたいと思う次第です。

1 2 3 4
ページトップへ