マツコの食わず嫌い王で発覚した嫌いな食べ物の理由と食べ方が異常

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツコデラックス


春菊の天ぷらを食べているマツコ・デラックスさんのシーンを、じっと観ていたのですが、明らかにおかしな言動が多々ありました。

春菊といえば、おひたしや炒め物、スープなど様々な調理法がありますよね。

それを、マツコ・デラックスさんは、他の調理法にはあまり触れず、石橋貴明さんから質問された

「すき焼きの春菊は?」

と聞かれ、

「すき焼きも好きだけど、天ぷらにした春菊が一番好き」

と答えるのです。

あくまで言葉尻の問題なのですが、普通の受け答えであれば『春菊なら天ぷらが一番好き』といった感じで答えそうなものです。

建前として春菊が好物として出てきているのですから、「天ぷらにした春菊が…」という表現が、

「天ぷらにすれば何とか食べられますよ」

と、言っているように聞こえるのです。

しかも、マツコ・デラックスさんは、塩を直接口の中に入れるなどの仕草を交えて、春菊から視点を逸していました。

その中でも、若干表情が歪んだような印象もあったため、「もしや春菊が苦手なのでは?」と感じられた次第です。

ほんの些細なことですが、篠原涼子さんも・マツコ・デラックスさんも、当然演技しているわけです。

そういった些細な異変を見逃していたら、何が苦手な食べ物なのかを当てるのは、不可能に近い話です。

今回は、たまたま感が冴えていたのか、筆者の目には、マツコ・デラックスさんがすごく不自然に映りましたね。

ただ石橋貴明さんの目には全く自然に映ったようで、番組的には完全にノーマークでした。

そのため、一発で当てられず、試合の結果としてはドロー。

ちなみにマツコ・デラックスさんが、この

春菊を嫌いな食べ物に挙げた理由は、あの独特のエグみが苦手

なんだとか。

確かに春菊を天ぷらにすれば、エグみが多少なりとも緩和されます。

1 2 3 4
ページトップへ