まれ(NHK朝ドラ)のストーリー結末ネタバレ!最終回の内容とは?

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まれ

ただ、実際に『まれ』の視聴率そのものを、過去の作品と比較してみると、

17%~21%のあたりを推移している

わけで、大ヒットした朝ドラ『あまちゃん』の視聴率も20.6%でしたし、それほど悪い視聴率ではないと思います。

実際に最終的な平均視聴率を改めて調べてみると、

19.4%とあとちょっとのところで20%を超えることはできず

当時5作ぶりに20%を切ってしまったという話題も上がりました。

 

ただ、朝ドラの王道と言っても過言ではない時代物・モデルが実在しているドラマからは離れた現代劇です。

それが、時代物として放送されていた『おひさま』、『カーネーション』より視聴率が上とあれば、上出来と言えるでしょう。

とくに『カーネーション』に至っては時代物であり、かつコシノ三姉妹をモデルにしたストーリーでした。

王道的ドラマでありながら視聴率19.1%だったわけですから、『まれ』は大金星に値するドラマだったような気もします。

もちろん、『ごちそうさん』~『マッサン』までの過去作品の出来と比較すれば、悪かったことは事実で、

「話がわかりづらかった」

「脚本がよくなかった」

という声も聞かれたことも事実です。

ただ、それは比較する相手が悪すぎただけの話です。

まぁ、『だったら現代劇なんて作るなよ!』と言われればそれまでなんですけどね…(笑)

 

まとめ

朝ドラ『まれ』が最終回を迎え、様々な反応が返ってきました。

そんな中でも

夢を持つことの素晴らしさや、諦めず夢を追いかけることの大切さ

を、一つのメッセージとして伝えてくれたドラマだったと筆者は考えています。

もちろんドラマに対する評価なんて人それぞれです。

良いドラマだったという人もいれば、面白くないドラマだったという人もいて、評価は十人十色だと思います。

しかし、それでも『まれ』最終回では、いろんな意味でハッピーエンドを迎え、素晴らしい締めくくりになったと思います。

ぜひ今後も様々なドラマで、我々視聴者を感動させて欲しいと、NHKの朝ドラに期待していきましょう!

1 2 3 4
ページトップへ