北海道新幹線の停車駅・ルートと料金をチェック!札幌開通はいつ?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北海道新幹線


新青森駅~新函館北斗までを結ぶだけ

札幌までのルートは、

2030年

まで待たなければならないみたいです。

 

北海道新幹線開業に伴い、停車駅は、

  • 新青森駅
  • 奥津軽いまべつ駅
  • 木古内駅
  • 新函館北斗

の4駅しかありません。

あくまで新幹線によって函館まで移動するのと、北海道からそれぞれの場所に移動する目的で開業します。

北海道新幹線

北海道新幹線のルート

あくまで今回の北海道新幹線は、

本州と北海道の橋渡し的存在

でしかないのです。

しかし、これまで本州と北海道をつなぐ新幹線がなかったわけです。

きっと多くの人達を北海道に誘致する、大きなきっかけづくりにはなると思いますよ。

この北海道新幹線の開業は、ここで終わりというわけではなく、現在予定されているのは、2030年までに新函館北斗駅から、

  • 新八雲駅
  • 長万部駅
  • 倶知安駅
  • 新小樽駅
  • 札幌駅

まで開通する予定となっています。

北海道新幹線

北海道新幹線のルート

もちろん、まだ計画中の話で、このルートで北海道新幹線が開通していくと、決まっているわけではありません。

ただ、この北海道新幹線は、間違いなく北海道の新たな起爆剤となると思います。

2019年のラグビーワールドカップには、北海道の会場もあるという噂を耳にしていますので、きっと北海道はより盛り上がっていくものと思いますね。

 

北海道新幹線の料金(運賃)

さて、気になる北海道新幹線の料金(運賃)に関してですが、

  • 函館~東京 22,690円
  • 函館~仙台 17,310円
  • 函館~新青森 7,260円

となっています。

この北海道新幹線の料金(運賃)設定だけを見ると、たしかに割高にも見えます。

ただ、場所にもよりますが、ハイシーズンに飛行機を使うと、この北海道新幹線以上の料金がかかる場合もあるのです。

またフェリーも同様に結構な料金がかかります。

その為、一部ハイシーズンでは北海道新幹線の方が料金(運賃)が割安になることから、新幹線を利用する人も増えるだろうと言われています。

まぁいくら料金(運賃)が安いからといっても、状況によっては、飛行機やフェリーを使って北海道に移動したい話も出てくるでしょう。

ぜひ状況に照らし合わせながら、一つの選択肢として、北海道新幹線の利用も検討してみてくださいね。

 

それにしても、かつては一部で、

「2015年内には北海道新幹線を開業できるのでは?」

と言われていたのですが、なぜ北海道新幹線の開業を遅らせたのでしょうか?

それには、ある理由があるようです。

北海道は、冬場は降雪が多い地帯です。

せっかく北海道新幹線が開業したとしても、冬場の開業では、天候不良で走行できない可能性が多いらしいのです。

門出の開業日に走行できないというのは、北海道新幹線にとって、非常に幸先が悪い問題となってしまいます。

そのために、十分に雪解けしたとみられる、2016年3月26日を開業日としたみたいですね。

確かに、北海道新幹線の開業日に新幹線に乗れなかったら、これだけ盛り上がっているのに、楽しさも半減となってしまうでしょう。

北海道新幹線は、地域のPR活動にも力を入れているというのに、走行中止で水をさされるのは非常にもったいない話です。

確実に北海道新幹線を開業するためには、3月開業は妥当なところだったのでしょう。

どこでもユキちゃん

ちなみに当時、北海道では、PRキャラクターとして制作された

『どこでもユキちゃん』のぬいぐるみ・マスコット

を発売スタートさせています。

追記

既に北海道新幹線は開業し、しばらく経過し賑わいも落ち着きを見せています。

やはり北海道新幹線の開業前に開催された、100日前カウントダウンイベントは大盛況でした。

新たな路線が開通すると、期待に胸をふくらませる人たちで会場が溢れかえったのです。

1 2 3 4
ページトップへ