GODEATER(ゴッドイーター)のアニメが打ち切り未完結の理由とは?

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴッドイーターアニメ


バンダイナムコゲームスから発売されているゲーム『GOD EATER(ゴッドイーター)』。

『GOD EATER(ゴッドイーター)』は、その人気からアニメ化されたのですが、なんとアニメは

9話で未完結のまま最終回を迎え、実質上の打ち切り

になるという伝説を残してしまいました。

一体なぜ、『GOD EATER(ゴッドイーター)』は、このような事態となってしまったのでしょうか?

元々は、13話まで放送予定だったアニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』ですが、残りの4話はどうなったのか?

その打ち切りの理由について、当記事で紹介していこうと思います!

[adsense]

アニメ『GOD EATER』が9話で未完結打ち切りの理由

アニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』は、2015年夏アニメとして放送されました。

放送前から、ファンからは期待の声が高まっていたアニメ作品でしたよね。

そう、”高まっていた”はずだったのです…。

 

しかしアニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』は、放送開始から、いきなりつまずくことになってしまいます。

第1話時点で、すでにアニメ制作が間に合っておらず、クオリティ維持のためという建前で、

特別編を放送する

という前代未聞の、あまりにも不安を感じさせるスタートに…。

さらに、アニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』の特別編は、その後もたびたび放送を繰り返し、なんと

合計で4回もの特別編が放送されました。

そして、当然ながら総集編を放送し続ければ、尺が足りません。

結局、アニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』は、全13話構成だったにもかかわらず、

第9話で最終回を迎えてしまった

1 2 3 4
ページトップへ