柏原竜二(山の神)が引退した理由と現在をチェック!実力は凄かった

スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
柏原 eye


山の神とは、日本古来の伝承(神話)に登場する、山に宿る神の総称です。

この伝承は、山の神は春になると山から降りてきて田の神となり、秋には再び山に戻るという話。

しかし、陸上競技での『山の神』は、特異な能力を持つ、ある特定の人物を指すのです。

それは毎年正月に行われる箱根駅伝で、第5区(箱根の山登り)を担当する、山登りのスペシャリストで、優秀な実績を持つランナー。

それが

山の神

と呼ばれるのです。

今回紹介する柏原竜二さんも、その『山の神』の一人なのです。

柏原竜二さんは4年連続5区の区間賞、その内、3度は区間新記録を樹立しています。

『山の神』と言われるのに相応しい選手ですね。

そこで今回は、その柏原竜二さん(山の神)が引退した理由と、現在の状況やその実力などを見ていきましょう。

[adsense]

柏原竜二(山の神)が引退した理由は?

柏原竜二さんは、1年の時2008年の箱根駅伝では、5区(箱根の山登り)を走り、区間新記録で区間1位となりました。

柏原竜二選手は、トップから約5分のタイム差をものともせず、果敢な走りで8校をゴボウ抜き!

初代・山の神である今井正人選手の記録を大幅に更新したのです。

それ以後、大学時代の4年間は、箱根駅伝の山登りで全て区間賞(1位)をとり、二代目・山の神の名を欲しいままにしました。

ここで、歴代の山の神の一覧を紹介します。

  1. 初代山の神 今井正人選手(順天堂大学)
  2. 二代目山の神 柏原竜二選手(東洋大学)
  3. 三代目山の神 神野大地選手(青山学院大学)

90年の歴史を持つ箱根駅伝でも、栄誉ある『山の神』の名を持つ選手は、たった三人しかいないのです。

それではその柏原竜二さんのプロフィールを、簡単に紹介しましょう。

山の神・柏原竜二のプロフィール

名前 柏原竜二(かしわばら りゅうじ)

1 2 3
ページトップへ