シャープの倒産危機!赤字の理由や原因はリストラと液晶事業!

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャープ


日本が誇った家電メーカー大手のシャープは、いまやかつての栄華が失われてしまいました。

台湾企業の鴻海に買収され、まさかの外資系企業傘下に収まってしまうほどの凋落ぶり…。

一体なぜ、シャープはこのような事態になってしまったのでしょうか?

そこで当記事では、大手家電メーカーのシャープが、倒産危機に陥ってしまったその原因や理由などについて探っていきたいと思います!

[adsense]

シャープ経営危機!赤字はどのくらい?

シャープ

現在、日本の家電メーカー大手は、軒並み苦戦を強いられていますね。

中でも、シャープは本格的な倒産危機に陥ってしまい、ついには台湾の鴻海に買収されてしまいました。

では、シャープが抱えている問題は、一体いつ頃から表面化していたのでしょうか?

シャープの経営が悪化し始めたのは、2011年ごろからでした。

なんと、2011年から2015年までの4年間で、

約1兆円規模の赤字

になっていたようです。

これに焦ったのか、シャープは、

  • 大阪市阿倍野区にある本社ビルをニトリに売却。
  • 本社ビルの向かいにある田辺ビルをNTT都市開発に売却。

シャープは、その後も

3000人規模の早期退職(事実上のリストラ)を募る

など、なんとかして倒産を免れるために経営回復を目指していました。

しかし、これらの策を講じても、シャープの業績は回復の兆しが全く見えず、一時は、

「2017年にも倒産か!?」

とすら囁かれたほどです。

そんな倒産危機にまで陥ったシャープがどうなったかというと、それは皆さんが知っての通り…。

2016年8月に、

台湾企業の鴻海に買収される

という結果になりました。

鴻海は3888億円の出資金を払い、シャープの議決権の約66%を握る親会社となったのです。

1 2 3 4
ページトップへ