イチローがプロ野球とメジャーでピッチャーとして登板した理由とは

野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イチロー


マイアミ・マーリンズのイチロー選手が、2015年に

ピッチャーとして登板したこと

をみなさん知っていますか?

これには多くのイチローファン、メジャーリーグファンが驚いたものです。

それにしてもイチロー選手がピッチャーとして登板した理由とは、一体何だったのでしょうか?

そこで本記事にて、イチロー選手が日本(プロ野球)とメジャーリーグでピッチャーとして登板した理由について、探っていきたいと思います。

[adsense]

イチローの超レアなピッチャー登板

イチロー

イチロー選手がピッチャーとして登板した話は、日本の野球ファンならば1996年のプロ野球のオールスターゲームを思い出すのではないでしょうか?

全パの故・仰木監督と全セの野村克也監督の野球観の違いなどから、この瞬間はプロ野球ファンの間でも、さまざまな議論を呼んだことでも有名です。

その出来事は、1996年のプロ野球オールスターゲーム第2戦の9回裏2アウトに起きました。

バッターの松井秀喜さんに対し、全パの故・仰木監督は、

ライトを守っていたイチロー選手をピッチャーとして登板させた

のです。

これに対し、野村克也監督は松井秀喜さんと一言二言の会話をし、

「対戦したくない」

と松井秀喜選手が答えたため、代打として高津臣吾投手を送ったのです。

「嫌なら振らなくてもいいぞ」

とも指示したそうですが、最終的にはショートゴロという結果になりました。

このイチロー選手のピッチャーとしての登板については、仰木監督は当時、

「ファンサービスのため」

「投手としてのイチローの才能も見せたかった」

と、2つの理由を語っていました。

投手としての才能といえば、実はイチロー選手、

愛工大名電時代はピッチャーとして活躍

1 2 3 4
ページトップへ