相棒13の最終回と14のストーリー結末ネタバレからキャストまで紹介

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水谷豊


寺脇康文さん、及川光博さん、成宮寛貴さんと3名の相棒と共に、長年ドラマ放送してきた水谷豊さん主演の名作刑事ドラマ『相棒』シリーズ。

その14作目に、反町隆史さん演じる冠城亘が、新たな相棒として登場しましたよね。

既に放送は終わっているので過去の話となりますが、当時、世間を賑わし注目されていたことが思い出されます。

そこで、その前作となる相棒13のことも踏まえながら、相棒14のキャストや、最終回のストーリー結末ネタバレを紹介していきたいと思います。

まだ相棒14を見ていないという人は、参考にしてもらえると幸いです。

[adsense]

『相棒13』の最終回ストーリーの結末は?

相棒13

相棒13

みなさんは、凄い終わり方をした『相棒13』最終回ストーリーのことを、記憶しているでしょうか?

当時、特命係:『杉下右京』の相棒を務めていたのは、成宮寛貴さん演じる『甲斐享』という人物でした。

甲斐享の父親は、警察庁次長(役:石坂浩二)で、父親と対立する若手刑事という設定で、キャスティングされていました。

息子である甲斐享を疎ましく思っていたのか、特命係に配属させることで、潰してしまおうと目論んでいたわけです。

それは、窓際族に追い込んでしまおうという魂胆ですが、いくつかのシーズンを経ながら、最悪の結末を迎えてしまいました。

それは、父である警察庁次長が、想像すらしていないことでした。

 

実は甲斐享は、政界や暴力団などから出てきた犯罪者たちに折檻する『ダークナイト』として最終回に登場します。

1 2 3 4
ページトップへ