本田圭佑がミラン批判で評価は最悪?移籍先がメキシコの理由とは

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本田圭佑


本田圭佑選手の2017年は、極寒の年となりそうです。

2016年のACミランでは、出場時間の合計がわずか90分、1年分まとめてようやく1試合という、厳しい状況。

このような状況になった原因は、本田圭佑選手のACミランや、イタリアサポへの批判があります。

ただ根本的な原因は

本田圭佑選手が良いプレーを見せられなかった

ことにつきます。

しかも、現状のACミランはチャイナマネーの傘下。

今後の本田圭佑選手の再契約、あるいは契約延長は絶望的で『移籍は必至』という状況で、結局退団となりました。

そして2017年7月14日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

それは

本田圭佑選手がメキシコのパチューカに移籍!

そこで今回は、本田圭佑選手のミラン批判の内容と、移籍先のチームであるメキシコ・パチューカについて。

また、本田圭佑選手への評価の声などを見ていきましょう。

[adsense]

本田圭佑のACミランへの批判とは?

2015年の秋。

本田圭佑選手は、厳しいクラブ批判発言を展開します。

それが『試合後の取材エリア』という、公の場でのことでもあり、イタリアはもちろん、日本でも大騒ぎになりました。

しかもその時の取材者はイタリアのメディアではなく、日本のメディアだったのです。

その大意は、

なぜ自分が試合に出られないのか、わからない。

出るチャンスがないほうがおかしいでしょ?

という発言内容。

ミラン監督のシニシャ・ミハイロビッチ氏の選手起用法を批判したのです。

さらに、本田圭佑選手は、

「ビッグ・クラブのようにうんとお金を使うか、そうじゃないなら、もう少しチーム造りの面から見直していかないといけない。」

と、クラブの経営面にも批判の矛先を向けました。

1 2 3 4
ページトップへ