本田圭佑がミラン批判で評価は最悪?移籍先がメキシコの理由とは

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本田圭佑

これは明らかに行き過ぎた発言で、選手として言うべき言葉ではないでしょう。

しかも、

拍手するタイミングが明らかにおかしい。

勝つことだけに左右されているファンが大多数で、内容など見ていないのではないか。

と、イタリアのサポーターまで批判したのです。

これだけでも大変なことなのに、さらにその後にも、

「クラブが継続性を欠き、それに比例して暗黒期が伸びている

と発言しました。

さらに続けて、

フェルナンド・トーレス選手、ディエゴ・ロペス選手、ジェレミー・メネズ選手、アレックス選手など、鳴り物入りで加入した大物選手について、

「引退間近の選手を獲得するべきでない」

という意味の発言もあったようです。

このあたりの発言も、一選手がすべきものではありません。

これらの発言により、本田圭佑選手は、イタリアのメディアはもちろん、サポーターなどから、総スカンという有様。

もともと、本田圭佑選手は、

ビッグマウスにより自らを追い込み、それをバネにして飛躍する

というところがありました。

しかし、このミラン批判の発言は、これまでのビッグマウスとは全く異なります。

どうにも

自分が試合に出られない腹いせ

という感が強いのです。

そして、このような状態では、ミランとの契約延長はありえないという、メディアでの意見が多くなったのです。

 

あとになって本田圭佑選手は、これまでの発言を弁解し、また謝罪しました。

ミランのガッリアーニCEOに対しては、

ミランに招き入れてくれて感謝しています。

これまでクラブやチームに自分のベストを見せられていないことを謝りたい。

と語ったそうです。

このミラン批判の一連の発言は、日本の取材者への発言が、イタリア語に翻訳される時に、

1 2 3 4
ページトップへ