シンデレラガールズ最終回と特別編(26話)のストーリー結末ネタバレ

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイドルマスターシンデレラガールズ2期

 

『シンデレラガールズ』最終回(2期12話)ネタバレ2

シンデレラガールズ

美城常務とプロデューサーが、やりとりしている間にもライブは進み、いよいよ『new generations』がステージに登場。

新曲『流れ星キセキ』を披露します。

そしてその後、『CINDERELLA PROJECT』全員のステージに。

美城常務は『CINDERELLA PROJECT』のステージを客席から見ていたらしく、

「城から出て星を見るのも悪くない…」

と、ついに『CINDERELLA PROJECT』を認めたかのような発言や姿勢をとっていました。

こうして、『CINDERELLA PROJECT』としては大成功という結果をもって『シンデレラの舞踏会』は幕を閉じます。

もともと、『CINDERELLA PROJECT』の存続をかけたステージだったはずが、気づけば346プロダクション総出のステージになっていたというのも、なかなか感極まるものがありました。

 

『シンデレラガールズ』最終回(2期12話)ネタバレ3

シンデレラガールズ

『シンデレラの舞踏会』が終わり、季節は春を迎えます。

どうやら『CINDERELLA PROJECT』は存続できたらしく、2期生についての資料が確認できました。

新たな可能性を秘めたアイドルの卵を探しに、プロデューサーの奮闘の日々が始まるのでしょうね。

一方で『CINDERELLA PROJECT』のメンバーは仕事が増えるようになり、それぞれが忙しくも充実した日々を送っていました。

そして場面は、とあるライブを控えた日へ。

 

久しぶりに『CINDERELLA PROJECT』の面々が集結したこの日は、一体何が行われるのでしょうか?

多くの仲間に見守られながらステージへ上がる彼女たち。

ステージに立った彼女たちは第一声に、

「私たちは、『シンデレラガールズ』です!」

と挨拶し、『お願いシンデレラ』が流れ始めたところで、アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』ストーリーは終了となります。

この演出は、

第1話で先輩アイドルたちが立っていたステージに、『CINDERELLA PROJECT』は『シンデレラガールズ』として立つことができた

ことも意味しているのではないでしょうか。

いわば、アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』第1話に戻ったと言ってもいい演出。

『CINDERELLA PROJECT』のメンバーが、先輩たちのライブを見て『CINDERELLA PROJECT』へ入ることになったように、『シンデレラガールズ』のライブを見た少女たちが、『CINDERELLA PROJECT』2期生として夢を追いかけることになるのでしょう。

これから物語の始まるアイドルもいれば、まだまだ道半ばの進み続けるアイドルたちもいる…

アニメが終了しても、まだアイドルたちのストーリーは終わりではない…というストーリー結末の演出でした。

[adsense]

『シンデレラガールズ』特別編(26話)のストーリーネタバレ!

さて、アニメ本編こそ25話で終了した『アイドルマスターシンデレラガールズ』ですが、アニメ『THE IDOLM@STER』と同じく

26話となる特別編がある

ことをみなさん知っていましたか?

この26話の内容も、簡単にストーリーネタバレしていきます。

…とは言っても、ネタバレと言うほど重要なものでもなく、『CINDERELLA PROJECT』のメンバーを中心に、346プロダクションのアイドルの日常が描かれているだけでした。

特別編と言うだけに、『アイドルマスターシンデレラガールズ』第26話の時間軸はバラバラ。

本編の間にあった日常など、さまざまな部分を紹介しているのかなと感じる内容でしたね。

まずは、劇中劇である劇場版『アイドルマスターシン選組ガールズ』の予告が流れ、その後、アイドルたちの日常が短編形式で展開される…

といったストーリー内容です。

その日常というのは、いくつかあったので簡単にネタバレをまとめていきますね。

蘭子と小梅の『ゾンビガール』収録風景

蘭子が小梅主演の『ゾンビガール』に出演する時の裏話となっています。

蘭子が苦手なホラーに挑戦し、

「怖いけどドキドキして楽しい」

と語ったり、小梅も

「いつも1人の仕事が多かったから、新しいホラー映画を見るみたいでドキドキする」

と、お互いが本音を語っているという内容でした。

話の内容から察するに、

『CINDERELLA PROJECT』のメンバーがそれぞれ新しい道を模索し始める中盤の時間軸

だと思います。

杏・きらり・アナスタシア・美波が大富豪

時間軸としては、おそらく

12話の合宿の時

だと思われます。

深夜0時を過ぎ、杏ときらり、そしてアナスタシアと美波の4人が大富豪をする話なのですが…。

なんと、

美波の大富豪の弱さが致命的

だということが判明。

大富豪の言うことを大貧民が聞く…。

という罰ゲームを設けて始まったこの大富豪ですが、美波が何度も何度も大貧民になってしまうという結果に。

しかし、負けず嫌いな美波は勝つまで何度もやると言い張るのです。

そしてその勝負は朝まで続き、美波が初めて大富豪となった時、残りの3人はぐったりとしているのでした…。

莉嘉のダイエット

『とときら学園』のロケで海に行くこととなった莉嘉とみりあ。

水着を着ることを予想し、莉嘉はダイエットをしようと決意します。

そこで、智絵里にアドバイスをもらうことになったのですが…

  • お肉を食べるといい
  • 好きなものを我慢するのはダメだから、大好きなお菓子は我慢しないようにした
  • 美味しいから大丈夫だよ

と、かな子の言っていたことをアドバイスする展開に。

好きなものを我慢したらダメというのは、かな子がダイエットをしようとして倒れてしまった経験が生きているのでしょう。

つまり、時間軸としては

本編第18話以降

と言えそうですね。

その後、『とときら学園』のロケなので、生徒役の莉嘉は着ぐるみを着るため、体のラインを気にする必要はなかった…。

というオチがつきます。

ちなみにこの話、智絵里が『太鼓の達人』が上手いというシーンが入っていて、中の人ネタが輸入されているのが面白かったです(笑

卯月のオシャレ

卯月が私服での撮影に臨むため、オシャレをして、いつもと違った冒険をしてみたいと考えます。

つまり、時間軸としては

卯月復活後の24話以降

になると思いますが…。

最初は未央や凛に相談をしていただけだったのですが、その後、みくや李衣菜、蘭子たちも集結し、卯月着せ替え会が始まってしまいます。

結局、最後はプロデューサーに

1 2 3 4
ページトップへ