原辰徳が巨人監督を辞めた(退任)本当の理由原因はクビ?それとも…

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
原辰徳


2017年の巨人は、高橋由伸監督になって2年目のシーズンを迎えるわけですが、まだまだ不安要素が多く、

「原のままでよかったなぁ…」

と、原辰徳前監督の退任を惜しむ声が多いようです。

その原辰徳前監督は、2015年に、巨人の監督を退任しました。

ボロボロになった巨人だからこそ、もう少し監督を続けて、巨人を救ってほしいと考えていた方も、多いのでしょうね。

では、なぜ原辰徳前監督は2015年というタイミングで、巨人の監督を退任したのでしょう?

当記事では、原辰徳前監督が、巨人の監督を退任した理由・原因について探ってみようと思います。

[adsense]

原辰徳のプロフィールをチェック

原辰徳

まずは、簡単に原辰徳前監督についてご紹介しますね。

原辰徳前監督は、1980年にドラフト1位で巨人に入団。

1年目のルーキー時代から125試合に出場するなど、その存在感を発揮。

タイトルこそ、新人王やMVPなど、打撃成績に関するものは取れませんでしたが、総合的に評価が高かった選手と言えるでしょう。

現役時代は、

『若大将』

のあだ名で呼ばれ、巨人の4番として活躍。

通算で、

試合出場 1697試合

打率 .279

安打数 1675

本塁打数 382

打点 1093

と、いう成績を残しました。

王貞治さんや長嶋茂雄さんらと比べてしまうと、どうしても見劣りしてしまいますが、それでも、この成績は十分に素晴らしいものです。

プロ野球選手は、これまでに実に多くの選手がいましたが、

1500安打は120人ほど、350本塁打は30人いるかいないか

と言えば、その素晴らしさがおわかりいただけるかと思います。

また、原辰徳前監督といえば、選手だけでなく、監督時代も素晴らしい成績をおさめていますね。

1 2 3
ページトップへ