フジテレビの社員やアナウンサーの年収は?ボーナス大幅減額の真相

アナウンサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ

 

フジテレビ社員の年収に大鉈敢行

はじめは、一部のドラマのみで視聴率が低下してきたフジテレビでした。

それが、『笑っていいとも!!』が放送終了してバイキングが放送開始した辺りから、迷走ぶりがはっきり見えてくるようになったのです。

それも鉄板であった月9にまで迷走ぶりが伝染し、一時期は

『月9ドラマが打ち切りになるのでは?』

という大変な状況も発生してしまいました。

そして、フジテレビの迷走ぶりは、視聴率の話で終わらず、そこに勤める社員たちの給与体系にも、変化が見られるようになってしまいました。

これまでも、フジテレビは他の放送局と比較して、給料をもらい過ぎと言われ、批判されています。

青天井に残業代を貰ってきたという、変な風習もあったと言われているくらいです。

フジテレビが社員に対して、大鉈を振るったことが事実だとしても、決しておかしい話ではありません。

ただ、普通なら、まず先に番組制作費を削るなどの見直しや、企業努力をした上でというのが筋でしょう。

それでもどうしようもない状況である場合のみ、社員の給与を下げる話になるのが通例ですよね。

しかし今回は、いきなり大鉈を振るって、社員の給与をカットしてしまうというのです。

それも、600万円以上もらっていたフジテレビの30代の平均ボーナス支給額が、一気に

120万円

となってしまったというのです。

もちろん多少の個人差はあると思いますが、600万円ものボーナスをもらっていた人が、急に120万円しかもらえなくなるというのです。

これはかなりの大鉈といえるでしょう。

しかも、フジテレビ側としては、かなり強気でこの大鉈を振るい、これが嫌なら

「フジテレビを辞めても構わない」

と強気の姿勢を取っているというのです。

普通こんなことをしたら、ストライキが起こるか、退社する社員が続出して、企業の存続すら危ぶまれてしまいます。

会社として、ここまで強気でいられるというのは、もうフジテレビの神経が、相当麻痺しているとしか言いようがありません。

一体どこまで迷走すれば気が済むのでしょうか…。

常識的に考えても、いくらスポンサーから批判があったからと、いきなりボーナスを大幅削減するなんてあり得ません。

引き下げる場合も、必ず社員と話し合いながら、査定を見直すはずです。

ところが社員が辞めても構わないから、大鉈をふるうというのは、ワンマン経営の会社がやることでしょう。

具体的な社名は言いませんが、その中の一部は、やり過ぎて法を犯してしまい、逮捕されてしまった人もいます。

社員の同意も得られない中で、強引にボーナスを引き下げる行為は愚行といえるでしょう。

フジテレビはどうなってしまったのでしょうか…。

本当にいろんな意味で悲しい話ですね。

 

フジテレビの今後はどうなるの?

今回、社員たちの年収にまでメスを入れて、大鉈をふるうこととなったフジテレビ。

正直、このまま迷走が続いていけば、いずれフジテレビが民放局から消える日も遠くないかもしれません。

番組のテコ入れなどが、頻繁に行われるのは、まだ多少理解できる部分があります。

しかし、社員の年収にまで極端な形でメスを入れてしまい、一方で、変なところでは無駄遣いが続いていくのです。

もはや、尋常ではない状態と言えるでしょう。

とても社員のことを考えているとは思えず、その場しのぎの振る舞いしかできていないように感じます。

目先の利益ばかりを追いかけていく姿が如実に現れ、もう見てられないといったところです。

ネットユーザーのコメントなど見ても、半ばあきれた様子。

これではフジテレビ社員たちも辞めていくだろうと言われているそう。

変なバラエティのロケに多大なお金をかけずに、地道に番組企画の素晴らしさでしっかり勝負してほしいですね。

 

また、ニュースでも、顔だけでキャスターを選ぶのでなくて、

しっかりと、事実と自分の意見を言えるコメンテーター・キャスター選び

をしながら、番組を作り上げて欲しいものです。

そういった一つ一つの行為が、フジテレビの信頼回復に繋がっていくと思います。

なので、まずは足元を見て、地道な一歩をフジテレビには期待したいものです。

追記

フジテレビの信頼が失墜したのは、今に始まった話ではありません。

ずいぶん前から信用が失墜し、視聴率がとれずに苦境を見せているというのが、実情です。

普通なら地に足をつけて企業努力し、這い上がっていくはずなのに、今も相変わらず姿勢そのものが変わっていないようです。

社員の給与をカットし、少しでも事態を収拾しようと躍起になっていると噂されるフジテレビです。

筆者としても、これまでのことを改め、もう一度再起して欲しいと願っていたのですが…。

 

フジテレビは、多くのファンの心配をよそに、大型スポンサーの撤退の噂も聞かれます。

その一つが、『めちゃイケ』のスポンサーであった日清食品の撤退でした。

日清食品がスポンサーを撤退したのは、2016年7月30日放送の『めちゃイケ2時間スペシャル』です。

結果的に、とは言え、

岡村隆史さんが、『極楽とんぼ』の山本圭壱さんをサンドバック状態で殴ってしまったのです。

それが、過剰演出として映り、スポンサー撤退となってしまった模様…。

確かに、岡村隆史さんとしては、一方的に山本圭壱さんを殴りたいと考えていたわけではありません。

世間としては、山本圭壱さんのこれまでの行動に腹を立てている人も少なくなかったようです。

それで、あえてあの公開スパーリングのような演出が施されたのです。

そして、狙いとしては、スパーリングを通じて、

岡村隆史さんが世間の代表として山本圭壱さんを殴り

一方、山本圭壱さんも、これまでの想いを岡村隆史さんにぶつけて、そこで禊としようと考えていたようです。

日清食品も、その演出を理解してくれていたのです。

しかし、実際に放送された『めちゃイケ』の内容が全く意図していない

山本圭壱さんがサンドバックのように、一方的に殴られてしまう

状況だったため、日清食品は激怒してしまいました。

もちろんすぐさま、岡村隆史さんは『もう良い』とリングを降りて、後は山本圭壱さんの相方である加藤浩次さんにトスしたわけです。

しかし既に手遅れ。

明らかなモラル違反であると、その場で日清食品は『めちゃイケ』のスポンサーから降りることを決めたんだそうです。

1 2 3 4
ページトップへ