清水エスパルスのJ2降格の原因は監督ではなく選手とフロントの確執

Jリーグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
清水エスパルス


Jリーグ発足以来、ずっとJ1リーグに在籍し続けていた数少ないチームである清水エスパルス。

2015年シーズンの結果で遂にJ2降格となり、多くのサポーターがショックを受けました。

当時は、まるで一つの歴史が終わってしまったかのような衝撃が走りましたが、清水エスパルス以外のサポーターなど、冷静なサッカーファンからしてみれば、

『清水エスパルスは、J2に降格して当然だった』

という、厳しい意見を言う方もいました。

では清水エスパルスが、J2へ降格した理由・原因は一体何だったのでしょうか?

清水エスパルスの監督と選手の間で確執などが影響していたのでしょうか?

本記事で、清水エスパルスのJ2降格の舞台裏を探っていきます!

[adsense]

清水エスパルスのJ2降格

清水エスパルス

清水エスパルスのパルちゃん

清水エスパルスは、J1リーグナビスコカップ(1996年)、天皇杯(2001年)と2冠に輝き、年間王者としてのタイトルではないものの、1999年にはセカンドステージで優勝した実績があります。

当時、同じく静岡を拠点とするジュビロ磐田との静岡勢同士のチャンピオンシップを争いましたね。

結果、敗れてしまったものの清水エスパルスは、さすがサッカー王国静岡を代表とするチームだと感心させられたほどです。

かつては大榎克己さん(2015シーズン開幕当初の監督)、長谷川健太さん、堀内巧さん、伊東輝悦さん、澤登正朗さんなど、数々の日本代表選手も輩出。

このように清水エスパルスは、J1オリジナル10の中でもビッグクラブとして君臨し続けていました。

1 2 3 4
ページトップへ