ハリーポッターと呪われた子供(8章)のストーリー結末ネタバレ!

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハリーポッター


世界中で絶大な人気を誇る、J・K・ローリング氏のファンタジー小説『ハリーポッター』シリーズ。

10年間に渡って執筆された『ハリーポッター』の小説は、全7巻が刊行。

そのいずれも世界的な超ベストセラー級の売上を記録しています。

その人気の高さは、それだけで十分に伺えますね。

そんな『ハリーポッター』が、遂に舞台化されたのです。

タイトルは『ハリー・ポッターと呪われた子供』。

この舞台は、『ハリーポッター』の

正統な続編

ということで、あのJ・K・ローリング氏自身も、ストーリー制作に携わっているそうです。

果たして『ハリー・ポッターと呪われた子供』は、どんなストーリーなのでしょうか。

そこで本記事にて、本作のストーリーから結末ネタバレを紹介していきます!

[adsense]

ハリーポッターの舞台!ストーリーは続編(8章)?

ハリーポッター

『ハリーポッター』は、1997年、当時無名だった新人作家である

J・K・ローリング氏の作品

として、ロンドンのブルームズベリー出版社から刊行されました。

瞬く間にベストセラーとなり、児童文学でありながらも、大人も愛読するようになりました。

さらに『ハリーポッター』の人気は、世界的な社会現象となったほどです。

2007年の最終巻で『ハリーポッター』は完結し、続々と映画化もされていきましたね。

『ハリーポッター』の映画は、これまでに全8作が公開され、こちらも当然ストーリーは完結しています。

『ハリーポッター』シリーズは、もともと全7巻の構成だったことから、おそらく

もう『ハリーポッター』の続編はないだろう

と思われていたのですが、なんと『ハリーポッター』のさらなる続編が、舞台化。

その舞台は

『ハリー・ポッターと呪われた子供』

1 2 3 4
ページトップへ