iPhoneの次期新機能?本体を落としても画面割れを防ぐ方法や仕組み

iPhone

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone

iPhone8はまだ発売されているわけではないので、実際のところ、どこまで強化されるのかはわかりません。

ただ、リリースごとに本体が強化され、より使い勝手が良く、安心して使えるiPhoneへと変貌していくことでしょう。

今後もパワーアップしていくiPhoneが登場していくことを楽しみに、動向を見届けたいものですね。

 

iPhoneに新機能?画面キズつき防止機能

スマホユーザーなら誰もが悩む落下による本体の傷つき問題。

iPhoneでは、これまでそのような機能は盛り込まれていませんでした。

しかし、どうやらiPhone7には、その傷つき防止機能なるものが盛り込まれると言われてきました。

すでに傷つき防止機能に関する特許も申請している話もあるようです。

 

アップルが、iPhone7にこのキズつき防止機能を盛り込ませるために申請した特許は、

2つ

あります。

一つは、

落下した際に空中で位置を検知し、画面が地面に衝突しないように半回転する機能

もう一つは、

本体の四隅に、ちょっとした爪(出っ張り)を設けて、地面に落下した際に、この出っ張りによって、画面が地面に直接当たらずに傷を防ぐ

という機能。

この二つの機能を、アップルが特許申請しています。

これらの機能がiPhoneに盛り込まれれば、落下したとしても直接画面が傷つくことはなくなりそうです。

とくに画面がバキバキに割れてしまう最悪の事態は、かなり避けられそうですね。

 

特筆すべきは、

常に出っ張りを作っておくのではなく、落下の際だけ出っ張りが出るような仕組み

をアップルは考えたのです。

落下判定に関しては、『ジャイロスコープ』や『加速度センサー』で判定できるのです。

iPhoneでは、これだけではなく、カメラやスピーカーの機能を駆使した、OS側のモーションキャプチャソフトを利用し、

落下を認識できる

というのです。

あとは、その落下を感知し、

モーターで駆動する『アクティブストッパー』という出っ張り(爪)が出る

ことで、iPhoneの画面が地面にぶつかり傷つくことを、ストッパーが防止するというわけ。

元々落下による画面の傷つき防止に関しては、これまでにアップルでたびたび開発してきているようです。

何度となく失敗を繰り返しながら、遂にその努力が実り、画面の傷つき防止の方法が完成したとのこと。

そして、アップルはこの『アクティブストッパー』という特許を申請しました。

もし、この画面傷つき防止機能が実現されれば、防水機能と共に、iPhoneユーザーにとって、とても嬉しいニュースとなりそうですね。

追記

先程もお話したとおり、iPhone7の発売で、ボディパーツが劇的に強化されたことは、iPhoneにとって大きな進化となりました。

これでiPhoneに防水機能も耐震機能も付与されました。

これまで画面割れ・水没による故障の不安を抱えながら使用していたユーザーが、より安心してiPhoneを使えるようになったのです。

まさに、この進化はユーザーにとって嬉しい劇的な進化となったことでしょうね。

とはいえ、先程お話した『アクティブストッパー』機能が盛り込まれてはいません。

iPhone7では、単純にボディーパーツが強化されただけに過ぎないので、傷つく時はやはり傷ついてしまいます。

そこは今後の課題ではありますが、アップルも日々開発を進め、完成を目指しているみたいですよ。

iPhone7で耐久度が劇的に上がり、さらに次に発売のiPhone8で、さらにディスプレイが強化されるようです。

今後、『アクティブストッパー』機能が完成すれば、ますます、iPhoneを手に入れたいユーザーは増えていくでしょう。

マイナーチェンジに近いものでも、年々パワーアップしていくiPhoneが、どこまで進化を遂げていくのか、今後が楽しみですね。

 

iPhoneユーザー加速?新機能への期待値!

Android系のスマホは、

OSの汎用性が高い

ために、各メーカーが様々な機能を盛り込んだ、独自のAndroid系のスマホをリリースしています。

  • グラフィック表示に強い機種
  • 防水機能を盛り込んだ機種
  • 耐震用・衝撃耐性に強い機種

など、個性豊かなAndroid系のスマホが、ユーザーのニーズに合わせた形で登場し続けています。

一方、iPhoneに関しては、OSの汎用性・共有性が乏しく、アップルのみで開発し続けている機種です。

そのため、iPhoneのバージョンアップでは、ユーザーの欲しい機能が盛り込まれているかどうかが、問題になるところがあります。

しかし、汎用性が乏しいことは、逆にセキュリティー面はしっかりとガードしてくれたりします。

1 2 3 4
ページトップへ