昼ドラ(フジテレビ)が打ち切りになった理由は視聴率?バイキング?

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ


羽田美智子さん・野際陽子さんをキャストに迎え、大きな話題になった『花嫁のれん』。

大河内奈々子さん・小沢真珠さんのダブルキャストで話題になった『牡丹と薔薇』。

数々の名作ドラマを生んできた、フジテレビ系列(東海テレビ制作)の『昼ドラ』シリーズ。

NHK朝ドラ同様、数々の女優たちが、ブレイクのきっかけとして出演し、話題になりました。

その昼ドラが、52年の歴史に幕を閉じることとなり、2016年3月末で放送終了…。

それにしても、昼ドラ打ち切りの理由とは一体何だったのでしょうか?

そこで本記事にて、今後のフジテレビの動向を含め、昼ドラの視聴率や打ち切りの原因・理由を探っていきます!

[adsense]

ヒットしてきたフジテレビの昼ドラシリーズ

愛と憎悪が交錯するようなドロドロとした展開のドラマが、昼から放送されるとあって、主婦層から大きく支持され続けてきた、

東海テレビ制作のフジテレビ系『昼ドラ』シリーズ。

筆者も子供の頃、学校が休みの際には、『いただきます(のちの『ごきげんよう』)』と『昼ドラ』は、良く観ていました。

 

このお昼の時間帯といえば、『笑っていいとも!!』が、2015年3月に放送打ち切りになりました。

そして、2016年3月に『ごきげんよう』と共に、『昼ドラ』も放送を打ち切りになっていったのです。

まさに時代の流れだとは思います。

この『昼ドラ』シリーズは、ただ主婦層からウケが良かっただけでなく、女優たちが飛躍する大きなきっかけとなるドラマでもありました。

1988年放送の『華の嵐』では、ヒロインを務めた

高木美保さん

高木美保

が、一気に注目されるきっかけとなり、その後も数々のドラマ・映画で活躍しています。

1 2 3 4
ページトップへ