エンテロウイルスの症状には麻痺も?潜伏期間と予防対策をチェック

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エンテロウイルス


みなさんは、『エンテロウイルス』というウイルスの名前を聞いたことがありますか?

2015年8月に子供たちの多くが、

『発熱を伴う麻痺を起こしてしまっている』

という原因不明の症状が相次ぎました。

そこで国立感染症研究所が患者を調べて原因を調査した結果、その子供たちは

『エンテロウイルスD68』

というウイルスにかかっていることが判明したそうです。

それにしても、このエンテロウイルスは、どのようにして感染し、麻痺以外にどのような症状を起こすのでしょうか?

エンテロウイルスに感染した場合の潜伏期間から予防方法や対策、ワクチンなど、気になることはたくさんあります。

そこで本記事では、エンテロウイルスの謎について、探っていきます!

[adsense]

エンテロウイルスの症状

エンテロウイルス

エンテロウイルスD68が猛威を振るうようになったのは、2015年夏~秋のことでした。

なんと、子供たちが原因不明の麻痺に襲われ、病院に搬送される事態が急増したのです。

そして、その原因こそが、

『エンテロウイルスD68型』

というウイルスでした。

では、そもそも、エンテロウイルスとはどんなウイルスなのでしょう?

まずはそこから紹介していきます。

 

エンテロウイルスとは、腸管内で増殖するウイルスのことで、腸管ウイルスとも呼ばれています。

さまざまな型がありますが、中でも危険なのが、当記事で触れている

『エンテロウイルスD68型』

このエンテロウイルスD68の場合、大人は症状が出ない、または軽症で済むことが多く、

子供が重症化しやすく

なっています。

エンテロウイルスD68の症状としては、基本的には

  • くしゃみ、鼻水
  • 発熱
  • 体や筋肉の痛み
  • 気管支炎
  • 肺炎

といったことが多く、時期的に夏風邪に近い症状なので、エンテロウイルスに感染したことに気づかないケースが多いです。

1 2 3
ページトップへ