エンテロウイルスの症状には麻痺も?潜伏期間と予防対策をチェック

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エンテロウイルス


約3日~7日

と言われています。

そして、

感染から3日後~発病して10日後

までの間に、他の人へウイルスが広がる恐れのある期間となっています。

 

感染経路としては、

感染した人の気道の分泌物が付着したものをなめたり、分泌物に触れた手をなめたりしてしまい、ウイルスが口の中に入ってしまう

と、周囲の人に感染が広がっていきます。

また、エンテロウイルスは便の中にも存在しています。

そのため、子供のおしめを替えるときなどに、手に便が付着してしまい、その後よく手を洗わないで食事をしてしまうと…。

エンテロウイルスは、ウイルスが口の中へ入ってしまい、それによって周囲の人が感染することを覚えておきましょう。

 

エンテロウイルスの治療方法や予防対策は?

厄介なエンテロウイルスのワクチンや治療方法・予防対策に関してですが、実は

まだワクチンもできておらず、治療方法が確立していない

という状況です。

つまり、エンテロウイルスに対するワクチンがないので、エンテロウイルスD68に対するワクチンも当然ながら、ないわけです。

そのため現状では、せいぜい

痛みや症状を和らげる対処療法

などを用いるしかないのです。

 

治療方法がない以上、エンテロウイルスについては、ノロウイルスやインフルエンザの予防対策と同じように、基本的な予防対策をするしかありません。

外出時にマスクをしたり、病人と直接キスやハグなど直接ふれあうことを避ける、コップや食器の共有も避ける…。

また、手洗いやうがいを徹底し、消毒もこまめにおこなうようにすることも、エンテロウイルスの予防対策として効果的です。

予防対策で神経質になりすぎるのも、精神衛生上あまりよろしくないと思いますが、ちょっとしたことで感染してしまうことも十分ありえます。

エンテロウイルスを予防したいのであれば、せめて、

  • うがい
  • 手洗い
  • マスク

のこの3つは徹底してくださいね。

エンテロウイルスは一度感染してしまうと様々な症状に襲われ、非常に苦しく辛い日々を送ることになります。

できる限りウイルス感染、体調不良を引き起こさないよう、常日頃から予防対策に努めましょう。

 

まとめ

エンテロウイルスは、夏風邪と間違いやすい症状が出ますが、重症化すると麻痺まで起きてしまう恐ろしいウイルスです。

大人が重症化することは稀だそうですが、逆に言えば子供は重症化しやすく危険ということでもありますね。

エンテロウイルスに対しては、まだワクチンや治療方法が確立しているわけでありません。

ありきたりかもしれませんが、手洗い、うがいなどの徹底、病人に直接触れないようにするなどの予防に努めることが、最大のエンテロウイルス予防対策といえるでしょう。

子供を持つ保護者は、夏~秋頃は細心の注意を払い、子供をエンテロウイルスから守ってくださいね。

1 2 3
ページトップへ