スマホ老眼とは?原因や症状と4つの予防対策方法をチェック!

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホ


年齢を重ねるにつれて、だんだん近くのものが見づらくなる老眼。

この老眼は、正式名称は、

“老視”

というらしく、実は病気の1つであることを知っていましたか?

早い人だと、40代辺りから自覚するようになり、もともと近視の症状があったりすると、近くも遠くも見づらいという、大変な状態になってしまいます。

そんな困った病気である老眼なのですが、なんと昨今では、

20代~30代の人でも老眼に悩んでいる

と言われています。

厳密には老眼というわけではなく、

スマホ老眼

というのですが…。

このスマホ老眼、一体どのようなものなのでしょう?

名前から想像がつく人もいるかとは思いますが、当記事でスマホ老眼についてまとめてみます!

[adsense]

20代~30代に増加中のスマホ老眼の原因

スマホ

20代~30代の若者の間で発症しているスマホ老眼は、一体どのようなものなのでしょうか?

これは簡単にいえば、

スマホの使いすぎ

で起こってしまう目の症状です。

この辺りは、スマホ指やスマホ腱鞘炎などと同じ、いわゆる現代病の1つと言えそうです。

現代におけるスマホは、ゲームやSNSなど、娯楽や交流に使うツールとしての存在だけではありません。

スケジュール管理やメモなど、ビジネスシーンでも欠かせない日常に溶け込んでいるツールとなっています。

となると、必然的にスマホに触れる機会が多くなるわけですし、目にかかる負荷も、スマホがある現代となかった過去の時代とでは大違いです。

いまや生きるうえで、必ず向き合わなければならないスマホ老眼。

それでは、そのスマホ老眼の原因について探っていきましょう。

 

スマホ老眼になる原因というのは、どうやらスマホの見方にあるようです。

1 2 3 4
ページトップへ